logo

撮影本番一発勝負!“音楽オヤジ”たちへのインタビューCM&WEB動画を公開!まさかの展開に本番中の綾瀬はるかさんも思わず“素”の顔に?遠藤憲一さんがカメラマンに扮してサプライズ出演!

吉田拓郎さんの名曲「流星」にのせた『ディーガ』新CM&スペシャルムービー公開



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



スペシャルムービーより スペシャルムービーより

 パナソニック株式会社は、女優・綾瀬はるかさんと俳優・遠藤憲一さんを起用した、ブルーレイ/DVDレコーダー『ディーガ』の新CMを2016年11月25日(金)より放映開始致します。また、『ディーガ』特設ページ(リンク)では、スペシャルムービーやメイキング映像、綾瀬さん・遠藤さんへの特别インタビューも公開致します。

 『ディーガ』は、番組の録画やブルーレイディスクを見るだけでなく、約2,300枚分の音楽CDがためられて、ミュージックサーバーとして使用することも可能です。そんな『ディーガ』の新しい楽しみ方を伝える今回のCMは、綾瀬さんがプレゼンテーターとなり、55歳の遠藤さんを中心にその世代の25名の音楽好きの“オヤジ”たち(平均年齢54.5歳)が、それぞれの“思い出の一曲”にまつわる熱いエピソードを披露する、筋書き無しのドキュメントCM。CMソングには吉田拓郎さん往年の名曲「流星」を起用しており、誰しもが感じたことのある“音楽の力”を思い出させる内容となっています。

■見どころ
 今回のCMは、筋書きのない談話形式という、めずらしい形で撮影が行われました。また、それだけではなく、遠藤憲一さんの出演はあえて綾瀬はるかさんには知らせないまま撮影を開始。遠藤さんがカメラマンに扮して登場するという、本番一発勝負のサプライズ演出が実施されました。撮影が始まると、徐々に綾瀬さんに近づく遠藤さんですが、事前に行った入念な打ち合わせの成果もあり、板についたカメラマンっぷりに綾瀬さんはなかなか気付きません。真横にピタッと着いた時にやっと気付くと、「あれ?なんで!?」と本番中でありながらも思わず“素”の顔に。サプライズによる演出は大成功となりました。
 この様子は、『ディーガ』特設ページにて公開されるスペシャルムービーで見ることができます。同ムービーではその他にも、遠藤さんに手取り足取りチークダンスをレクチャーされ、「だいぶいやらしいダンスですね(笑)」と恥ずかしそうにする綾瀬さんや、“思い出の一曲”に対する熱い想いを語る遠藤さんなど、お二人のさまざまな姿を楽しめる内容となっています。

 また、それらが凝縮されたTV-CMでも、“オヤジ”たちと談笑やボックスダンスを楽しむシーンなど、映画やドラマで活躍する姿とはまた違う、“素”の綾瀬さんが映し出されています。

■ストーリーボード ディーガ「オヤジと音楽」篇 CM(30秒)

[画像3: リンク ]


■ストーリーボード ディーガ「オヤジと音楽」篇 スペシャルムービー

[画像4: リンク ]


■撮影エピソード/特別インタビュー

◎一発本番、筋書きのない撮影でみえた“自然体”の綾瀬さん
 筋書きのない談話形式という、めずらしい形で行われた今回の撮影。特に印象的なのが、綾瀬はるかさんの“自然体”な姿です。当時流行していたディスコに話題が及ぶと、「あ、カラーボールがまわるところですか?」と天然っぷりを発揮する綾瀬さん。さらに、遠藤さんたちのナンパの手段であったというチークダンスにチャレンジすると、その距離感に「だいぶいやらしいダンスですね(笑)」と恥ずかしがるシーンもありました。また、ボックスダンスを「これ知ってる!」とノリノリで披露するなど、筋書きのない撮影は思わぬ拡がりを見せ、“素”の綾瀬さんがうかがえる内容へと仕上がりました。

◎ “思い出の一曲” への想いを語る遠藤さん
 綾瀬さんに気付かれたあとは、遠藤さんも“オヤジ”たちとの談話に進んで参加。遠藤さんは、自身の “思い出の一曲”として交響曲第3番『英雄』(ベートーヴェン)を紹介。高校を中退して始めたという演劇の勉強のため、偶然手に取ったこの曲に「すごく感動してわんわん泣いちゃって。すごいものはすごいんだな、っていうのを感じさせてもらった一曲でした」と、“音楽の力“を感じさせるエピソードを披露してくれました。

◎撮影終了後には特别インタビューも実施
 CM撮影終了後には、綾瀬さんと遠藤さんに特別インタビューも実施。本作の見どころについて聞かれると、綾瀬さんは「いきなり、(遠藤さんが)カメラマンとして登場してくる所だと思います。使われるんですかね(笑)?最初、隣のスタジオから遊びに来ているのかと思いました。(遠藤さんとの)ダンスにも注目です」、遠藤さんは「急遽サプライズ登場という形だったので、いつ気付かれるのかもわからず、ドキドキしました」とコメント。サプライズでの登場や談話形式での進行など、いつもと違ったCM撮影に、ベテランのお二人でも緊張を隠せない現場であったことがうかがえました。
 また、お二人の“思い出の曲”については、綾瀬さんは「長方形の(ケースの8cm) CDでした」、遠藤さんは「ソノシートでした」と回答、“音楽の楽しみ方”の移り変わりを感じるトークとなりました。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



スペシャルムービーより スペシャルムービーより
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



CMメイキング映像より 特别インタビューより


■CM概要
タイトル  :ディーガ「オヤジと音楽」篇
放送開始日 :2016年11月25日(金)
出演者   :綾瀬はるか、遠藤 憲一

<『ディーガ』特設ページもCM放送に合わせてオープン!>

[画像9: リンク ]



新CMの放送に合わせて、『ディーガ』特設サイトがオープン。
TV-CM・スペシャルムービーだけでなく、メイキング映像や綾瀬さん・遠藤さんへの特别インタビューなど、ここでしか見ることのできないコンテンツも展開中です。

『ディーガ』特設ページ :リンク


■CM楽曲「流星」(吉田拓郎/1979年)


 CM楽曲は、シンガーソングライターの草分け的存在である吉田拓郎さんの「流星」。 “オヤジたちの
青春の曲”でありながら、印象的で心に残る歌詞の強さとメロディが、 若い世代の人たちをも惹きつけると考え、起用させていただきました。『ディーガ』特設ページで公開されるスペシャルムービーでは、『ディーガ』から流れる「流星」に耳を傾け、それぞれの青春時代を懐かしみ、音楽への想いを熱く語る“オヤジ”たちの様子も映し出されています。


<「流星」について>
 1979年のリリース以降、複数のアーティストによってカバーされた名曲。1981年には、アルバム「ONLY YOU」に収録され、その後も様々なアルバムやDVDに収録されている。
著名人にも多数のファンがいることで有名。オヤジ世代の青春時代に大きな影響を与え、いまもなお世代を超えて多くの人々に愛され続けている名曲。

<吉田拓郎 プロフィール>

[画像10: リンク ]


1946年4月5日、鹿児島県生まれ。1970年「イメージの詩 / マークII」でデビュー。1972年、シングル「結婚しようよ / ある雨の日の情景」、さらに「旅の宿 / おやじの唄」が次々にヒット。「フォーク」という音楽ジャンルを、一般にも認知させてゆく上での大きなきっかけとなった。
1975年8月には静岡の「つま恋」で、かぐや姫らと共に、徹夜(オールナイト)での野外イベントなどを行い、5万人以上の観衆を集める。2006年、31年ぶりに「つま恋」でかぐや姫と野外イベントを実施。2016年には「ブルボンpresents 吉田拓郎 LIVE 2016」を開催。

■商品情報

               ディーガなら音楽もためられる。
          進化した使いやすさでUltra HD ブルーレイ再生対応

[画像11: リンク ]


商品名      : ディーガ DMR-UBZ2020
発売日     : 2016年11月18日発売
商品ジャンル  : ブルーレイディスクレコーダー
価格      : オープン価格


1.4KやHDR(ハイダイナミックレンジ)の映像が楽しめる
[Ultra HD ブルーレイ再生対応]
4K解像度で高精細なだけでなく、鮮やかで立体感のある美しい映像をお楽しみいただけます。

2.話題の番組の録り逃しを防ぐ
[新番組/特番おしらせ]
新番組だけでなく、不定期放送の特番や映画などの初放送番組もお知らせします。

3.ディーガに音楽をためて、いい音で楽しめる
[CDリッピング]
[ハイレゾリマスター]
お気に入りの音楽も、いつもの番組や映画も、ディーガにためて高音質でお楽しみいただけます。

『ディーガ』商品サイト : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。