logo

CC-Link IEとPROFINET間の相互接続性を実現する仕様が確定

CC-Link協会 2016年11月23日 15時20分
From PR TIMES

2016年11月22日、ニュルンベルク: CC-Link協会(CLPA)とPI(PROFIBUS & PROFINET International)は、CC-Link IEとPROFINET間の相互接続性を簡単に実現するために、SPS/IPC/Drives 2016にて共同仕様書をリリースすることを発表しました。

この新たな仕様書は2015年の同展示会で発表されたCLPAとPIの連携合意に基づくもので、両協会は2つのネットワーク間における相互接続性を強化することで合意していました。

ネットワークのエキスパートとして業界をリードするHilscherとMolexからメンバーを迎え入れたワーキンググループは、両ネットワーク間の相互接続性を実現するために、およそ1年にわたり仕様書の策定作業を進めてきました。仕様書の策定は2015年の同展示会で配付されたWhite Paperに基づきながらも、次第にエンドユーザーの要望による反響が本連携を促進させました。

Industry 4.0などのコンセプトを実現する上で、ユーザーが意識することなく、ネットワークの簡単な統合を実現することは最も重要な関心事の一つです。多くのエンドユーザーは世界中から生産機械を調達するため、同一工場内の機械で異なるプロトコルを介して通信する必要があります。ユーザーは必ずしも標準ではない通信方式を採用する異なるシステムを混在させて、統合化を図ろうとするために、エンジニアリングコストの増加が課題になっています。両ネットワークを採用し、CLPAとPIの両協会に対してこれらの課題を掲げていたエンドユーザーは、解決策を見出すために、この新たな連携取り組みに関して機敏に反応しました。

CC-Link IEがアジア市場における先進ネットワークとして認識されている一方で、PROFINETは欧州で最も普及しているネットワークです。そのため、この新たに策定された仕様書は驚くほど簡単に統合を実現し、グローバル規模で生産機械を調達するエンドユーザーに対して、その選択肢の自由度を高めます。仕様書は両協会の会員(有料会員以上)であれば入手可能となり、遅くとも1年以内には、本仕様に対応したゲートウェイ製品が発売されることを期待します。

「Coupler(カプラー)」の仕様書は、ユーザーが意識することがないCC-Link IEとPROFINET間の双方向通信の実現に焦点を合わせています。その結果、両ネットワークはシームレスに情報を共有することができます。これは別ネットワーク上の異なる生産ラインシステム間の通信を効率的に行えることを意味し、ユーザーが意識することないネットワーク統合の実現に貢献します。

本連携に強い関心を既に示しているいくつかのパートナー企業がいるため、CLPAとPIの両協会は、2017年内に最初のカプラー製品が市場投入されることを期待しています。本連携に拍車を掛けたエンドユーザーが抱いていた従来の課題が2年足らずの内に解決されることを意味し、ユーザー要望に対応することへの両協会のコミットメントを示すことになります。

PIのKarsten Schneider会長は、「私たちと意気投合したCLPAと協力して、ユーザー要望に直結したソリューションが提案できることを喜んでいます。」とコメントしました。

CLPAの中村 直美 事務局長は、「この相互接続性を要望するエンドユーザーを支援するためにPI、及びパートナーとともに取り組んできたことを嬉しく思います。CLPAとPI間の連携はIndustry 4.0などのコンセプト実現に直接貢献するものです。」、「高まるオープン性、入手可能性はエンドユーザーが要求したものであり、今回の新たな仕様書によってエンドユーザーへの全面的な支援が可能となったことを喜んでいます。」と続けました。CLPAの詳細は、www.cc-link.orgをご覧ください。

PIの最新情報については、www.profibus.comを見てください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。