logo

普段はダメだけど…「いい風呂の日(11/26)」は30分だけ撮影OK 大田区・川崎市の銭湯で「#ハピふろ 撮影day &ハシゴチャレンジ」を開催!!

~湯上りに限定販売の黒湯サイダーを飲んでつぶやこう! ~

株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は11月26日(土)、当社が企画・運営を担当する「大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会*i」(事務局:神奈川県川崎市、会長:星野実)の事業において、普段は撮影が禁止される銭湯の脱衣場や浴室などで特別に撮影できるイベント「#ハピふろ 撮影day」と、1日で大田区と川崎市の指定された銭湯2軒を利用すると“黒湯サイダー”がもらえるイベント「#ハピふろ ハシゴチャレンジ」を開催いたします。



大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会は現在、設定されたゴールを達成するとプレゼントがもらえる「大田区・川崎市銭湯めぐりスタンプラリー(リンク)」と、SNSにお風呂に関するハッピーなことを投稿するとオリジナルステッカーが当たる「#ハピふろ」キャンペーンを開催しております。当委員会は、両キャンペーンのさらなる盛り上がりを目指し、毎月1回「#ハピふろの日」を制定することとなりました。「#ハピふろ」の日には、老若男女問わず誰でも気軽に銭湯に親しんでいただけるような様々なイベントを実施してまいります。

記念すべき第1回「#ハピふろの日」は、“いい風呂の日(11月26日)”に決定。当日は、「#ハピふろ 撮影day」「#ハピふろ ハシゴチャレンジ」、2つのイベントを開催いたします。「#ハピふろ 撮影day」は、普段は撮影が禁止される銭湯の脱衣場や浴室で特別に撮影できるイベントです。大田区「大森湯」および川崎市「矢上湯」において、13:30から14:00まで30分限定で写真撮影がOK。撮った写真を「#ハピふろ」「#撮影day」の2つのハッシュタグを付けて、FacebookやTwitterに投稿すると、素敵な投稿には「さくっと銭湯マップ」アカウント(@sakutto1010)がリツイートするほか、オリジナルステッカーがもらえます。また、「#ハピふろ ハシゴチャレンジ」では、直線距離25kmの遠距離に位置する大田区「入船湯」と川崎市「松葉浴場」に同日“ハシゴ風呂”をすると、その場で“黒湯サイダー”がもらえます(各銭湯とも先着24名)。

大田区と川崎市には約100軒の銭湯が集まり「銭湯の町」としても有名な地域です。昔ながらのペンキ絵や建物が魅力の歴史的な銭湯から、エステや遠赤外線サウナなどを完備した近代的な銭湯まで、実に様々な銭湯が点在しております。また、美容と健康にも良いとされる「黒湯」と呼ばれる褐色の温泉を楽しめる銭湯が多いのも特徴です。大田区・川崎市の一部の銭湯では、この黒湯をイメージした“黒湯サイダー”を販売中。ほんのり塩味・甘さ控えめな炭酸飲料で両地域の新たな新名物として人気を博しています。是非、この機会に両地域の銭湯と湯上りの黒湯サイダーをご堪能ください。

=======================
#ハピふろ 撮影day 概要
=======================

【開催日時】
2016年11月26日(土)13:30~14:00

【場所】
大田区「大森湯」(東京都大田区大森西3-8-17)
川崎市「矢上湯」(神奈川県川崎市幸区矢上7-12)

【イベントの内容】
上記日時・銭湯限定で普段は撮影禁止の脱衣場や洗い場で写真を撮影していただけます。撮った写真を「#ハピふろ」「#撮影day」のふたつのハッシュタグを付けて、FacebookやTwitterに投稿すると、素敵な投稿には「さくっと銭湯マップ」アカウント(@sakutto1010)がリツイートするほか、素敵なステッカーがもらえます。

【ご注意】
・譲り合って、ハッピーに楽しく撮影してください。
・撮影した写真の商用利用は禁止です。
・通常は脱衣場・浴室での撮影行為は禁止です。盗撮写真
と区別するため、撮影した写真をSNSに投稿する際には、「#ハピふろ」「#撮影day」のふたつのハッシュタグをつけてください。(※その他の形式で公開する場合には特別の許可を得て撮影していることを明記すること)
・公序良俗に反する不適切な撮影・投稿は固く禁止します。


=======================
大田・川崎を隅々まで味わい尽くせ!超過酷!
遠距離銭湯 #ハピふろ ハシゴチャレンジ!概要
=======================

【開催日】
2016年11月26日(土)

【指定銭湯】
大田区「入船湯」(東京都大田区羽田6-15-15)
川崎市「松葉浴場」(川崎市麻生区百合丘3-3-5)

【イベントの内容】
開催日の営業時間内に、両銭湯ともご利用いただいたお客様(各銭湯とも先着24名限り)に、その場で黒湯サイダーをプレゼント!

【参加の手順】
どちらの銭湯から初めてもOK。1軒目入浴後に「#ハピふろ ハシゴチャレンジカード」を受け取り、2軒目入浴後にフロントにそのカード渡すと、黒湯サイダーがもらえます。
[画像1: リンク ]


【参加費】
無料
※別途、両銭湯の入湯料がかかります

【両銭湯の直線距離】
約25km

【賞品】
黒湯サイダー


=======================
大田・川崎銭湯めぐりスタンプラリー 概要
=======================

【開催期間】
2016年10月7日~ 2017年9月30日

【対応アプリ】
さくっと銭湯マップ~さくせん~

東京都大田区・神奈川県川崎市の全銭湯・約100軒が検索できる、銭湯ナビゲーションアプリ。スタンプラリー開催期間には、スタンプラリーも楽しめる機能付き。「スタンプ」をゲットしてプレゼントに応募しよう。

【スタンプラリーのルール】
アプリを起動し、「スタンプを押す」ボタンを押すとQR読み取りコードが表示されます。それぞれの銭湯のフロントに用意されているQRコードを読み取るとスタンプをゲットすることができます。ゴールは「大田区全浴場制覇」「川崎市全浴場制覇」「大田区・川崎市全浴場完全制覇」の3つ。ゴールを達成して、プレゼントに応募しよう。
[画像2: リンク ]


【賞品】
表彰状(達成者全員)
オリジナルロゴシール
オリジナルロゴ入りエコバック

【公式サイト】
リンク


=======================
#ハピふろ キャンペーン 概要
=======================

【開催期間】
2016年10月7日~2017年3月31日

【キャンペーンの内容】
TwitterかFacebookに「お風呂上がりの小さな幸せ」や「あなただけのこだわり入浴法」など、お風呂に関するハッピーなことをハッシュタグ「#ハピふろ」もしくは「#浴場名」をつけて投稿すると、ステッカーなどの記念品が当たります。投稿は上記アプリ「さくっと銭湯マップ」の浴場詳細ページに反映されるほか、素敵な投稿には「さくっと銭湯マップ」アカウント(@sakutto1010)がリツイート。メッセージだけでなく、動画や写真の投稿もOKです。銭湯のフロントでもらえる「ハピふろカード」を持って、銭湯入り口で撮った記念写真や、入浴後に牛乳を一気に飲み干す動画など、どんどん投稿してステッカーをGETしよう!

*1.銭湯の脱衣場・洗い場等へカメラを持ち込むことはできません。
*2.公序良俗に反する不適切な投稿は固く禁止します。
[画像3: リンク ]


【賞品】
オリジナルロゴシール

【Twitterアカウント】
@sakutto1010


■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
社 名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッションのプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、
著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:リンク
   リンク(クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」)


===================
【この件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部
TEL:03-4550-0008
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。