logo

ブルータグ株式会社が10周年事業説明会を開催、新規事業などについて説明

CIリニューアル、社外取締役就任、スポーツボランティアへの取り組みを発表

スポーツに関する様々な事業を展開するブルータグ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:今矢 賢一、以下ブルータグ)は、2016年11月18日(金)にグッドモーニングカフェ千駄ヶ谷にて、取引先企業などの方々をお招きし10周年事業説明会を開催いたしました。説明会では代表の今矢賢一より 日本のスポーツ産業における現状とブルータグの現在行っている事業のほか、10周年を迎える上での新体制や新しくなったコーポレートロゴ・コーポレートスローガン、そして新規取り組みであるスポーツボランティア事業についての説明を行いました。



発表内容は下記のとおりです。
■CIのリニューアル
10周年を機にコーポレートロゴとコーポレートメッセージをリニューアル、合わせてオフィシャルサイトも一新。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

新ロゴ及びコーポレートスローガンには、スポーツが生み出す楽しさ、豊かさ、幸せをより多くの人に届けるために、スポーツに関わるヒト・モノ・コトを結びつけ、新しいことをプロデュースしていきたいという想いを込めています。オフィシャルサイトは「make your life sportsful」のイメージを伝えるとともに、各事業の内容、今後の取り組みなどをわかりやすくお伝えすることを目指しています。

■新体制
社外取締役として株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役 スポーツジャーナリストの二宮清純氏が新たに就任。

■新規取り組み:スポーツボランティア事業
「支えるスポーツ」という新しいスポーツとの関わり方を日本のスポーツ文化として根付かせることを目指し、下記の事業を予定。(各事業の詳細については追って発表させていただく予定です。)
スポーツボランティアマッチングアプリ:MYLS(マイルス)
ボランティアを希望する参加者と大会主催者を結ぶアプリ、2017年4月からのサービス開始を目指して開発中
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

一般社団法人スポーツボランティア協会の設立
 スポーツボランティアの正しい資質や知識の普及を目的とし、スポーツボランティアの資格発行団体として設立予定

企業向けスポーツボランティアリーダー研修
 スポーツボランティアリーダー育成を取り入れた企業研修を提案、優秀なビジネスパーソンのスキルをスポーツボランティア場でも生かしてもらい、質と量ともに優れたスポーツボランティアリーダーの育成を目指す

<会社概要>
会社名: ブルータグ株式会社
所在地: 東京都港区高輪4-18-12A
代表者: 代表取締役社長 今矢 賢一
設立: 2006年11月 22日
資本金: 7,781万円
事業内容: スポーツ関連の各種事業
(フィールドサポートプログラム/アスリートサポートプログラム/スポーツブランドビジネス/スポーツマーケティング/スポーツ関連システム及びプログラムの企画・開発など)
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事