logo

DJI製ドローン「Phantom 4」に標準添付される 賠償責任保険の補償額を最大4億円に増額



 ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「ソフトバンクC&S」)は、DJI製ドローン「Phantom 4」に標準添付される賠償責任保険の補償額を2016年11月21日出荷分より増額します。

 通常、「Phantom 4」は、購入後1年間1事故につき最大で対人1億円、対物5千万円の「DJI賠償責任保険」が付帯されています。しかし、多くの法人のお客さまからのご要望にお応えし、ソフトバンクC&S(販売店含む)が販売する「Phantom 4」には、購入後1年間1事故につき最大で対人4億円、対物3億5,000万円の賠償責任保険を標準で添付※します。なお、「Phantom 4」の販売価格に変更はありません。

※法人利用の場合のみ。

■概要
[画像: リンク ]

※2年目以降も保険をご希望の場合は、エアロエントリー株式会社が提供している、「DJI賠償責任保険」の有償プランにご加入いただく必要があります。(リンク

■お申し込み
エアロエントリー株式会社のWebサイト(リンク)よりお申し込みいただけます。
※お申し込み・登録をいただけないと補償が受けられませんので、ご注意ください。

■お問い合わせ先
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 「DroneBank」(リンク

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。