logo

Gigamon、契約者を認識して関連付ける機能の導入により、契約者、トラフィック、およびネットワークに関する情報の高度化を実現

gigamon, inc 2016年11月21日 17時20分
From PR TIMES

サービスプロバイダは、重要度の高い契約者に向けてより豊富なサービスを提供し、新たな収益の流れを作り、新技術を展開する際のリスクを取り除き、経営上のメリットの享受が可能に

Gigamon Inc. 、ビッグデータを管理可能なデータに変換することでサービスプロバイダに高度な可視性とインサイトをもたらす、契約者ベースの新しいIPサンプリング・パラダイムを発表

トラフィック可視性ソリューションの業界リーダーであるGigamon Inc. (NYSE: GIMO)は本日、ビッグデータを管理可能なデータに変換することでサービスプロバイダに高度な可視性とインサイトをもたらす、契約者ベースの新しいIPサンプリング・パラダイムを発表しました。GigamonのFlowVUE(R)というアプリケーションに備わった新しい機能により、ユーザは重複フロー・サンプルを複数分析ツールに同時送信することができます。分析のツール・レールの深度を広げることで、事業者は契約者の行動を多次元的に把握し、トラフィックに関してより深いインサイトを得ることで、より高度で有用性の高い情報を収集することができます。

サービスプロバイダは、自社のネットワークを管理および監視する方法を根本的に変革することで、増大するトラフィック量、新たに登場する携帯電話機、新たなリアルタイムサービス、複雑化する契約者の行動に対応が可能になります。

可変レート・インターフェースや可変スループット処理能力が原因で、より分析的な性能管理ツールを追加することは、困難でした。これは、異種のトラフィックの統合・拡張・集約して、契約者が日々利用するサービスやデバイスを包括的な把握が不可能だったことを意味しています。

一元集中管理のツール・レールがもたらすインサイトによって、リスクが除去されていない状態では、ネットワークの性能は停滞し、新しい技術の素早い展開が困難になっています。新しいサービスの多くは遅延、ジッター、および待ち時間に敏感に反応し、結果的に顧客サービスのコストを上昇させ、契約者の満足度の低下を招くこととなります。通信量が最大になる時間帯への対応としてトラフィックをダイナミックに拡張することが不可能でした。このため、ツールの契約超過や契約不足を生じさせると共に、ツールリソースの枯渇や全体の運営効率の低下を招いています。

サービスプロバイダにより豊富な情報とインサイトをもたらす重複フロー・サンプル
拡張されたFlowVUE機能を持つGigamonの可視化プラットフォームは、分析ツールを使用して契約者の行動を多次元的に分析し、ネットワーク・トラフィックのインサイトを得ることを可能にすることで、サービスプロバイダがこれらの課題を解消することができるように支援します。契約者の身元、トラフィックのタイプ、および契約者のエクスペリエンスを関連付けることで、事業者はネットワーク上においてトラブルが発生しやすい場所とそれらの原因を正確に特定し、分析に費やす時間を短縮することができます。

FlowVUEはまた、高低のピーク時間においてネットワークのトラフィック量が変動するのに従い、付属のツールが処理するスループット能力に合わせてトラフィックを拡張することで、ツールの性能を高めます。サービスプロバイダは、不必要なトラフィックを回避し、様々なツールセットにおいて、ツールの利用状況(契約超過/不足)の計測をおこなうことで、新たな運用効率性を獲得することができます。最適化されたスループットの処理により、事業者は通常、通信量が最大になる時間帯の具体的な割合に合わせて、ツール・レールの計測を行い、ネットワーク上の他の場所でコスト削減を行うことができます。

Gigamonのサービスプロバイダ向けソリューションディレクターであるアンディ・ハックリッジ(Andy Huckridge)は次のようにコメントしています。「サービスプロバイダは初めて、高い水準の契約者認識と可視性、ならびにインテリジェンスを享受し、リアルタイムの意思決定を行い、より良い顧客エクスペリエンスを提供することができるようになります。サービスプロバイダは、これまでサイロ化していたデータ・サンプルを一元集中管理し、GigamonのFlowVUEと関連付けることで、より幅広いサービスを価値の高い契約者に提供すると共に、新たな収益の確保、新しい技術を展開する際のリスクの回避、運用におけるアドバンテージを獲得することができるのです」

複数の重複フロー・サンプルによる新しいトラフィックの拡張によりもたらされる他の主な利点を以下に示します。

- セキュリティ・ツールを初めて、一元集中管理されたツール・レールの一部として稼働させ、アプリケーション性能管理(APM)、顧客エクスペリエンス管理(CEM)、またはネットワーク性能管理(NPM)のツールとトラフィックを共有して閲覧し、より良好なセキュリティ環境をもたらすことができます。

- 顧客エクスペリエンスの水準が向上し、サービスプロバイダはトラフィックのモニタリングよりも性能の向上に力を注ぐことができるようになります。

-インフラへの投資を最大化し、分析ツールのスループットを最大化し、ツールの契約超過を排除します。

Viaviソリューションズ社の最高技術責任者(CTO)であるサミー・ヤメイニー(Sameh Yamany)氏は次のようにコメントしています。「Viaviソリューションズ社のすべてのソリューション製品群を運用可能にすることに関心があるサービスプロバイダは、適切な速度で、適切な時期に、適切なツールに適切なトラフィックを提供するための柔軟性を望んでいます。Viaviソリューションズ社のVisibility(可視性)、Intelligence(情報)、およびAnalytics(分析)のためのツールは、世界で最も複雑で強力なネットワークを配置し、確保し、最適化することができるように設計されており、これにより変動を抑え、顧客の生涯価値、および利益性を向上させることができます。拡張されたFlowVUEを搭載したGigamonのVisibilityプラットフォームは、業界が5Gやモノのインターネット(IoT)に移行しつつあることをはじめ、今日の膨大な契約者のトラフィック量に鑑みて能力を拡張するための手段を提供するものです。この技術を活用することで、サービスプロバイダは、5GやIoTが導入される今後の環境で、最高水準のクオリティーを誇るエクスペリエンスとアプリケーションの性能をエンドユーザにお約束することができます」

Voipfuture社、営業&マーケティング部門長、イヤル・ウラート(Eyal Ullert)氏は次のようにコメントしています。「重複フロー・サンプルを伴うGigamonのFlowVUEにより、私たちの顧客は音質をリアルタイムでモニタリングするために必要な量のトラフィックを正確に提供することができます。重複フロー・サンプルを使用することで、Voipfuture社は、顧客にネットワークに対する深いインサイトを顧客にもたらし、性能上の問題が生じても症状だけを伝えるのではなく、根本原因を明らかにすることができるのです」

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。