logo

スマホでできる、精子セルフチェック『Seem(シーム)』11月21日よりAmazonとビックカメラで販売開始



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)は、スマホでできる、精子セルフチェック『Seem(シーム)』専用のスマートフォン顕微鏡レンズが入った「Seemキット」を、本日2016年11月21日(月)よりAmazon.co.jpとビックカメラの27店舗にて順次販売開始することをお知らせいたします。なお、ご利用時に必要なiPhoneアプリ『Seem』(無料)はApp Storeよりダウンロードいただけます。
『Seem』Webサイト:リンク


開発の背景

[画像3: リンク ]

日本では晩婚化や晩産化などの原因により不妊に悩むカップルが増えていますが、妊活や不妊治療は女性が主体となって行うケースが多いのが現状です。WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊の原因の約半数は男性側にあることがわかっており、妊活や不妊治療は初めからカップルで一緒に取り組むことが重要です。
しかし、男性が医療機関で精液検査を受けるには心理的抵抗や時間的制約など様々なハードルがあり、多くの男性は検査を受けた経験がありません。そのような背景から、リクルートライフスタイルは国際医療福祉大学大学院の岩本晃明教授の協力のもと臨床試験を実施し、自宅で手軽に精子の状態をセルフチェックできるサービス『Seem』を開発しました。
リクルートライフスタイルは、男性の医療機関受診のきっかけをつくり、男性の妊活・不妊治療に対する意識・行動変化の実現を目指していきます。


製品概要
特徴
・アプリが精液を解析し、その場ですぐに精子の濃度や運動率が測定できる
・「Seemキット」と専用アプリだけで、すぐに利用できる
・精子の状態は体調や環境などの影響で大きく変化するため、複数回の測定結果における平均値やグラフ表示により、精子の状態の傾向を確認することができる

「Seemキット」内容
スマートフォン顕微鏡レンズ/精液採取用カップ/採取棒/測定チケット ※いずれも測定1回分となります
[画像4: リンク ]

発売日:2016年11月21日(月)
販売先:
・ Amazon.co.jp
リンク
・ ビックカメラ27店舗、ビックカメラ.comで順次販売開始
※詳細は次ページまたは『Seem』Webサイトでご確認ください
価格:6,980円(税抜き)

『Seem』アプリ
App Storeから無料でダウンロードいただけます
リンク

※『Seem』は精液簡易チェックツールであり、医療機器ではありません。測定結果は医療機関の診断に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものでもありません。そのため、必要に応じて医療機関を受診することをおすすめいたします
※対応端末:iPhone 5 / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus(Androidではご利用いただけません)
※対応バージョン:iOS 8.0以上(左記以外のOSではご利用いただけません)
※キットおよびアプリのデザインは、予告なく変わる可能性があります
※「Seemキット」をお持ちでない方は、サービスをご利用いただけませんのでご注意ください
※『Seem』のご利用にあたって、個人情報の登録等は一切必要ありません。ご安心ください


利用方法
【セルフチェックの手順】
1.採取用カップに精液を全量採取し、精液が液化するまで15分~30分待ちます
2.精液が液化したらカップをゆっくりまわし、精液をよくまぜます
3.採取棒を使って、スマートフォン顕微鏡レンズの上に精液を1滴のせます
4.レンズをiPhoneのフロントカメラにセットし、専用アプリ『Seem』で動画を撮影します
5.動画がプログラムで自動解析され、精子の濃度と運動率が表示されます
[画像5: リンク ]



各専門医からのご意見

日本生殖医学会 理事長
苛原 稔先生
これまでの生殖医療現場では女性の治療が先行しがちで、当事者意識の不足や多忙などの理由から、男性の参加が遅れてしまっていました。『Seem』は医療機関での精液検査の代わりになるものではありませんが、測定結果次第では受診の強い動機付けとなり、男性不妊症の早期発見のきっかけとなる可能性があります。『Seem』が目標としている男性が主体的に参加する新しい妊活文化の実現に、当学会としても大きく期待しています。

元日本産科婦人科学会 理事長
前日本生殖医学会 理事長
吉村 泰典先生
WHOの報告によれば、不妊の原因の約半分が男性にもあると言われており、また、男性の精液所見が悪い場合は高度生殖補助医療が必要になるにも関わらず、不妊治療は女性側主導で行われることが多いのが現状です。
『Seem』の利用によって男性が自身の精液性状を確認することにより、自身の生殖能力と向き合い、「子どもをつくる」ということを真剣に考え始めるきっかけとなってくれればと期待します。

国際医療福祉大学大学院 教授
国際医療福祉大学病院 リプロダクションセンター 男性不妊部門長
山王病院 リプロダクション・婦人科内視鏡センター 男性不妊部門
岩本 晃明先生
我々、男性不妊の専門医は、患者さんが来てくれればできる限りのサポートをさせていただきます。一緒に奥様の苦しみや身体的・心理的負担を少なくし、ご夫婦一緒に不妊治療を開始することによって妊娠出産の道が短縮するだけでなく、ひいては医療費の節減が可能になると思っています。『Seem』が普及し、多くの男性が自身を見つめ直すきっかけになることを期待しています。


参考:ビックカメラ Seemキット販売予定店舗
11月21日時点では、有楽町店とビックカメラ.com(リンク)のみ販売します。
その他の店舗は、2016年内に順次販売開始の予定です。
[画像6: リンク ]



▼リクルートライフスタイルについて
リンク

▼本件に関するお問い合わせ先
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。