logo

「シゴト交流サイト」のウォンテッドリーが提供する、名刺管理アプリ「Wantedly People」リリース後約1週間で、登録名刺枚数20万枚突破

App Store「ビジネス」「無料」カテゴリーでも、ランキング1位を獲得

 シゴト交流サイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:仲 暁子、以下 当社)は、2016年11月20日(日)に、ビジネスマン向け名刺管理アプリ「Wantedly People」がリリース後約1週間で、登録名刺枚数20万枚を突破したことをお知らせいたします。



「Wantedly People」は、「つながり」を資産に変える名刺管理アプリとして2016年11月11日(金)にリリースされました。リリースから約1週間にも関わらず、既に20万枚以上の名刺が登録されています。また、App Storeにおきましても、おすすめの新着アプリに掲載、ビジネス・無料カテゴリ内でランキング1位を獲得しております。

サービス紹介URL:リンク


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



20万枚以上の名刺がスキャンされた背景

名刺をデジタルで管理したいが、これまで管理できなかった人の悩みを、「Wantedly People」の機能が解決したため、約1週間で20万枚以上の名刺がスキャンされるという結果を導いたと考えられます。また、多数メディアで取り上げていただいた結果、SNS等で話題となったことも一因であると考えられます。


「Wantedly People」の主な特徴

1. 人工知能が最大10枚の名刺をリアルタイムで解析、瞬時にデータ化

受け取った名刺全てを、1回の撮影で同時に読み込みます。読み込んだデータは瞬時にデータ化し、アプリ内の連絡帳に追加されます。更に、人工知能と機械学習を用いて、画像情報・文字情報を解析しているため、読み込めば読み込むほど、データを認識・マッチング率が向上いたします。

2.Wantedlyプロフィールとの連携

読み取った名刺情報は、Wantedlyのプロフィール情報と紐づくため、職歴や学歴等の情報も確認できます。名刺の文字情報以上の立体的なプロフィールをもとによりコミュニケーションを活性化することが出来ます。

3. 名刺の貸し借りもオンラインで

LINEやSMS、メール等であなたが読み取った名刺のデータを会社の同僚、上司と共有でき、名刺の貸し借りをアプリ内で完結できます。共有したリンクは時間が経つと使えなくなり、情報が外に出回るリスクもありません。


今後の展望

12月上旬にはAndroid版のリリースや、ユーザーが自身のプロフィール用の名刺を読み込んだ際に、「Wantedly」上に登録している自身のプロフィール情報と紐づく機能を実装予定です。また、来年の2月までに月間30万人、来年度末までに月間100万人の利用を目指しております。ユーザーの皆様がより使いやすくなるように、機能改善・開発の方を進めて参ります。

ウォンテッドリー株式会社について
ウォンテッドリー株式会社は、「はたらく」を面白くするシゴト交流サイトを提供している企業です。2012年2月の公式リリースから現在まで、約20,000社と月間100万人の方が、リレーション作り、ブランディング構築やマッチングのツールとして、ウォンテッドリーのサービスを活用しています。

お問い合わせ先
ウォンテッドリー株式会社
ウォンテッドリー株式会社PR事務局
(ビルコム株式会社内) 英/山村
TEL: 03-5413-2411
FAX: 03-5413-2412
E-MAIL: pr@wantedly.com
WEB: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。