logo

取引先の中小企業79.8%が「人工知能」の提案でサイト改善

株式会社WACUL 2016年11月18日 18時12分
From PR TIMES

「人工知能」とアドバイザーのサポートで、高い実装率を達成

株式会社WACUL(読み:ワカル 本社:東京都千代田区 代表取締役:大津裕史)は、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」をご使用頂いてる中小企業で、人工知能の提案を基にサイトを改善した割合が約8割に到達したことを報告します。※



[画像: リンク ]


【人工知能の提案が受け入れられた背景】
WACULでは、人工知能がWebサイトの改善方針提案を出したあと、その提案内容を反映させて実際にWebサイトの改善にまで至ったサイトの割合を定期的に計測しています。Webサイトを改善するにあたっては、社内システムに制約があり改修に制限がある、複数サイトを担当しており人的リソースを割くのが難しい、といった理由により実装ができないケースが多々あります。そのような中、「AIアナリスト」では人工知能の提案に加え、顧客ごとの事情を考慮し人間のアドバイザーが細やかなサポートを行うことで、人工知能の提案を基にサイトを改善した中小企業の割合が約8割に到達しました。


【Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」とは】
「AIアナリスト」は、Google Analyticsのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」、「Webサイトのデータはとっているけど、どう活用していいのかわからない」等といったお悩みに対し、「データの「わかる化」で意思決定を簡単に」をビジョンに、月額4万円からという低価格でサービスを提供しています。

※中小企業、導入後4ヶ月経過かつリニューアル予定を除く、2016年11月までの実装率。

今後もAIアナリストをよろしくお願いいたします。

人工知能「AIアナリスト」申込サイトはこちら(無料) リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事