logo

「So-net モバイル WiMAX 2+」にて、国内最速モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を提供

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 2016年11月18日 14時02分
From PR TIMES

~4×4MIMO とキャリアアグリゲーションで下り440Mbpsを実現~



リンク

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、WiMAX 2+にて、4x4MIMO(*1)技術とキャリアアグリゲーションに対応することにより、下り最大440Mbps(*2)の国内最速(*3)の超高速通信を実現するモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」(製造元:NECプラットフォームズ)を、12月1日より受付開始します。
[画像1: リンク ]


 「Speed Wi-Fi NEXT WX03」は、4x4MIMO技術とWiMAX 2+の2つの周波数をキャリアアグリゲーションで束ねる技術を組み合わせることにより、下り最大440Mbpsの超高速通信を実現するモバイルルーターです。さらに上り回線では、キャリアアグリゲーションと64QAM変調方式を導入することで、上り最大速度が10Mbpsから最大30Mbps(*4)に向上します。
また別売りのクレードルには拡張アンテナが搭載されているため、室内でもWiMAXの電波をしっかりキャッチすることができます。(*5)
[画像2: リンク ]


■「Speed Wi-Fi NEXT WX03」概要

・カラー : ホワイトゴールド、ディープブルー
・特徴  : (1) 4x4MIMO技術とキャリアアグリゲーション対応(下り最大440Mbps、上り最大30Mbps)
   (2) IEEE802.11a/b/g/n/ac対応
(3) 2.4インチのカラー大画面でタッチパネル対応
(4)専用のスマートフォンアプリにてルータの使用状況の確認と通知が可能
(5)拡張アンテナ搭載のクレードルで、電波をしっかりキャッチできる

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、今後もお客さまの生活をより便利で快適にするサービスを拡充してまいります。

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

※混雑回避のための速度制限(3日間で3GB以上利用時)があります。

※表記の通信速度はシステム上の最大速度となります。通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて低下します。

※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。

以上

(*1) Multiple Input Multiple Outputの略。データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に、複数のデータを同時に送受信することで、高速通信を実現する技術です。

(*2) 東名阪エリアを中心に利用できます。速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。下り最大440Mbps対応エリアの情報は、別途UQコミュニケーションズ株式会社ホームページでお知らせします。

(*3) 国内で提供されている高速モバイルデータ通信サービスにおいて。2016年10月現在 UQコミュニケーションズ株式会社調べによるものです。

(*4) 上り最大30Mbpsは一部エリアから提供。

(*5) 電波が伝わりにくい場所では、通信できない場合や通信速度が低下する場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事