logo

SOMPOシステムズ、情報共有基盤としてソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』の採用を決定

テラスカイ 2016年11月18日 09時46分
From PR TIMES

クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)が開発した、次世代型グループウェア『mitoco(ミトコ)』を、SOMPOシステムズ株式会社(本社:東京都立川市 代表取締役社長:浦川 伸一、以下:SOMPOシステムズ)が導入することが決定いたしました。今回の導入は、損保ジャパン日本興亜グループ全体への展開を目指すものです。

SOMPOシステムズでは、これまでNotesやSalesforceなど複数のアプリケーションによって分断されていたコミュニケーション情報を、このSalesforceのプラットフォーム上で稼働するmitocoに統合することにより、コミュニケーションロスや遅延を削減するだけでなく、Salesforce上の顧客情報や営業情報とも一元的に管理し、情報利活用への展開を目指しています。SOMPOシステムズは、2017年4月より全社員でmitocoの利用を開始します。

以下、コメントを頂戴しています。

【SOMPOシステムズ株式会社 取締役専務執行役員 小澤 淳 様】
SOMPOシステムズは、これまで複数のアプリケーションを利用して管理していた社内コミュニケーション情報を、すべてSalesforce上に集約できるmitocoの採用を決定いたしました。社内外のコミュニケーションだけでなく、IoTセンサーを利用した会議室の利用状況管理など、クラウドテクノロジーを最大限に活用したコミュニケーションツール「mitoco」により、より自由度が高くスピードの速いコミュニケーションを促進させ、素早い経営判断を実現したいと考えています。テラスカイ社のこれまでのクラウドビジネスの知見やノウハウを基に、今後更に使いやすいサービスへの成長、そしてビジネスの活発化に寄与することを期待しています。

-これまでのmitocoに関するプレスリリース-
■2016.4.12公開 新しいカタチのコミュニケーションで企業に革新をもたらす ソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』を開発
リンク

■2016.5.31公開 ソーシャルウェア『mitoco(ミトコ)』に 2つ目のIoT機能「車両管理オプション」を搭載
リンク


<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創世記からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず2,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
設立:2006年3月
資本金:4億5,403.5万円
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: リンク
東証マザーズ 証券コード:3915

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事