logo

【新製品】特許技術 アースプラス(抗ウイルス・除菌)HEPAフィルター搭載! 信州セラミックスが新型業務用空気清浄機を発売!

株式会社信州セラミックス 2016年11月17日 11時59分
From PR TIMES

人検知センサーにより人の位置を認識し、本体が自動で人のいる方向に向きを変えるインテリジェンス空気清浄機!大風量で広い空間もしっかり清浄できるハイクラスタイプ!

株式会社信州セラミックスは、独自開発のアースプラスHEPAフィルターを搭載した業務用空気清浄機「アースプラスエアー」をフルモデルチェンジ! 医療施設を中心に11月21日より新型空気清浄機の販売を開始します。



抗菌材料開発の信州セラミックス(本社 長野県木曽郡大桑村殿35-46 代表取締役 櫻田 理)は、独自開発の継続性を持つ抗菌材料「アースプラス」をHEPAフィルター表面に加工した新型業務用空気清浄機「アースプラスエアー」を11月21日より販売開始します。

「アースプラス」とは、信州セラミックスが開発したセラミックス複合材料で、食品添加物認可成分(酸化チタン、ハイドロキシアパタイト、銀メタル)で構成され、細菌、ウイルス、アレル物質等のたんぱく質を吸着分解する安全性の高い特許技術です。院内感染対策としてマスクや病院のカーテン等にも応用され、その効果は国内外の関連学術学会でも多数発表されています。

同社では、従来よりアースプラスHEPAフィルター搭載の業務用空気清浄機を医療施設を中心に販売しており、従来機種は全国約1,000ヵ所の施設への導入実績がありますが、この度、グレードアップした新製品を市場投入することになりました。

新製品は、従来機種と比べ設置面積が約10%減少したにもかかわらず最大風量は約30%アップしており、大風量で広い空間もしっかり清浄します。また、人検知センサーを搭載、人の位置を認識し本体が自動で人のいる方向に向きを変えます。医療施設内の診察室、待合室、居室、処置室、検査室など、浮遊微生物やニオイが気になる空間の空気浄化に優れた効果を発揮します。

【新型業務用空気清浄機「アースプラスエアー」の特徴】
1.細菌・ウイルス吸着分解 「アースプラスHEPAフィルター」
医療分野で多くの実績を持つアースプラスHEPAフィルターを搭載、独自のアースプラス加工によりフィルターに捕集された細菌、ウイルスを吸着分解します。

2.施設内のさまざまなニオイを強力脱臭 「特殊複合活性炭フィルター」
アンモニア、トルメチルアミン、メチルメルカプタン等の悪臭成分やホルムアルデヒド、キシレン等の化学物質をすばやく除去する特殊複合活性炭フィルターを搭載しています。

3.PM2.5センサーで検知困難な微小粒子も検知可能に
感度2倍※(当社従来機比)のPM2.5センサーを搭載、PM2.5の中で最も多く含まれる0.5㎛付近の浮遊微粒子まで検知し徹底清浄します。

4.人検知センサー搭載! 人を見つけて向きを変える最新技術
人検知センサーが室内を752コマに分けセンシング、人の位置を認識し本体が自動で人のいる方向に向きを変え、人の周りのホコリを除去しながら汚れをみはります。

5.ツインルーバーが最適な気流を選ぶ流体コントロール技術
人検知センサーによる人の検知の有無により、ツインルーバーの送風角度を調節し最適な気流を創ります。

※ (試験条件)約7畳の部屋で線香を用いて粉じんを発生させ、センサーの検知スピードを当社従来機SA-807Jと比較。SA-1016J:粉じん発生から30秒後にPM2.5モニターが赤に点灯。SA-807J:粉じん発生から60秒後にダストモニターが全点灯。(空気清浄機以外の空調機等による影響を受ける場合があります。)


【新型業務用空気清浄機「アースプラスエアー」の仕様】
■形名:SA-1016J ■価格:オープン価格(市場実勢価格:税別256千円) ■適用床面積目安:46畳まで
■風量(㎥/分):高 10 中 5 低 1.4 ■消費電力(W):高 95 中 21 低 7 ■質量(kg):13.6
■運転モード:手動運転/自動運転(標準・夜間) ■寸法(mm):高さ800 x 幅320 x 奥行270 ■日本製
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事