logo

クラウド労務ソフト「SmartHR」が日本の人事部「HRアワード2016」プロフェッショナル部門「人事労務管理部門」で最優秀賞を受賞

KUFU 2016年11月17日 08時00分
From PR TIMES

株式会社KUFU(東京都港区、代表取締役 宮田昇始)が提供するクラウド労務ソフト「SmartHR」が、日本の人事部「HRアワード2016」において、プロフェッショナル部門「人事労務管理部門」で最優秀賞を受賞いたしました。



[画像: リンク ]



■日本の人事部 「HRアワード」とは
 日本最大のHRネットワークとなる9万人の会員を有する人事ポータルサイト「日本の人事部」が、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰するものです。その審査プロセスは、透明性・公平性が高く、HR関連では最も権威のある賞と言われています。第5回となる今回は、過去最多となる5,602人からの投票があり、大変な激戦となりました。

<審査基準>
1. 明確且つ一貫性のある、戦略や方針を描けていること
2. 新規性、独創性があり、社会や市場に影響を与えていること
3. 革新的で、将来に渡って成長性や拡大性を期待できること
4. 高い注目度、認知度を保持していること
5. 優れた収益性、市場浸透性を実現していること

 今回、SmartHRが受賞したのは、人事労務管理において優れたサービスに贈られるプロフェッショナル部門 「人事労務管理部門」の最優秀賞です。HRアワードの審査基準すべてにおいて、高い評価をを得ての受賞となります。
URL:リンク

■受賞コメント
 この度は、栄誉ある「HRアワード」で人事労務管理部門の最優秀賞を授与いただき、とてもありがたく、また畏れ多く思っております。これも SmartHR に関わってくださったユーザーの皆さまのおかげと感謝しております。
 SmartHR は昨年11月にサービスを公開、スタートから1年足らずのまだまだ若いサービスです。当然、理想とする状態にはほど遠く、ユーザーの皆さまにご迷惑をかけることも少なくはありませんでした。しかし、これまでアナログで複雑だったこの人事労務領域を、テクノロジーの力で少しでも便利に変えていきたい。そんな思いでチーム一丸となって、日々開発をすすめております。
 いただいた素晴らしい賞に恥じないよう、今後も SmartHR の開発、拡大させ、ひいては人事労務に携わる皆さまが、より価値ある仕事に集中できる社会の実現に貢献できるよう尽力してまいります。
この度は本当にありがとうございました。

株式会社KUFU 代表取締役 宮田昇始


■SmartHRとは
「SmartHR」は企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド労務ソフトです。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成し、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請も可能です。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能も搭載しており、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。正式版公開から11ヶ月で、2,500社を越える企業が登録しています。
クラウド労務ソフト「SmartHR」: リンク

■会社概要
社 名  株式会社KUFU(クフ)
所在地  東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台601
代表取締役 宮田 昇始
設 立   2013年1月23日
資本金  5億7626万円(資本準備金含む)
企業URL リンク
事業内容 クラウド労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営

■プレスキット
プレスリリース掲載画像よりも高解像度の写真画像をお求めの場合、以下のページにアップロードされているオフィシャル素材をダウンロードして掲載にご活用ください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事