logo

映画『L-エル-』本編からの特別映像をGYAO!で独占公開

株式会社GyaO 2016年11月17日 00時00分 [ 株式会社GyaOのプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

~ネット初公開となるAcid Black Cherryのライブ映像も無料配信開始~



[画像: リンク ]

(C)2016映画「L−エル−」製作委員会

 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」では、11月25日に全国ロードショーとなる、Acid Black Cherryのコンセプトアルバム「L-エル-」を原作とした映画『L-エル-』の特設サイトを展開しております。本特設サイトにて、11月17日より、映画『L-エル-』の特別映像を独占公開いたします。本映像は、映画本編より初公開の場面をふんだんに盛り込んだ約7分間の特別映像です。

 さらに、同日より、18万人を動員したAcid Black Cherry初の全都道府県ツアーの日本武道館公演を収録した“Acid Black Cherry“Project『Shangri-la』”LIVE”より10曲をネット初公開し、無料配信いたします。

 本特設サイトでは、映画の世界観を補完するアニメーションムービー“【読み語り版】4th Album「L-エル-」Story Book”や、Acid Black Cherryのミュージックビデオも配信中です。劇場公開前に、映画の世界観やAcid Black Cherryの音楽をお楽しみください。


================
配信概要
■『L-エル-』特設サイト:リンク
■配信映像
・『L-エル-』特別映像
配信期間:2016年11月17日(木)~ 2016年12月16日(金)

・“Acid Black Cherry“Project『Shangri-la』”LIVE”より10曲
配信期間:2016年11月17日(木)~2016年12月16日(金)

・“【読み語り版】4th Album「L-エル-」Story Book” 全13話
配信期間:1話~10話  配信中~2016年12月16日(金)
     11話、12話 2016年11月21日(月)~2016年12月16日(金)
     13話    2016年11月23日(水)~2016年12月16日(金)
================
映画『L-エル-』概要
■ストーリー
ただ、私は愛されたかった…欲しかったのは、愛。
“色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて幸せに育った少女エル(広瀬アリス)。
ところが両親の突然の事故死により、エルの人生は一変していくこととなる。
悲しみに打ちひしがれる幼きエルを得意の絵で元気づけたのは、幼なじみの絵描きの少年オヴェス(古川雄輝)だった。エルとオヴェスは互いを励ましあいながら生きてきたが、成人したエルは“ある選択”を迫られ、突然故郷から去っていき、二人は離ればなれになる。誰かを信じては裏切れられ また誰かを信じては傷つけられ、襲い掛かる運命に翻弄されながら波乱の人生を懸命に生きたエル。そして遠い故郷からエルを想い続けたオヴェス。二人の生涯を綴った壮大な物語が“真実の愛”とは何かを描き出す。

■公開日
2016年11月25日(金)

■キャスト
広瀬アリス、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみ ほか

■スタッフ
監督:下山天
原作:Acid Black Cherry 4th Album「L-エル-」より
================
Acid Black Cherryについて
ロックバンド・Janne Da Arcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクトとして2007年始動。通称ABC。2007年7月18日にシングル「SPELL MAGIC」でデビュー。
現在までシングル19枚、オリジナルアルバム4枚、カバーアルバム3枚を発売。
発売したオリジナルアルバム4枚すべてが、オリコン週間2位以内にチャートイン。
2012年3月に発売した3枚目のアルバム「『2012』」では自身初のオリコン週間チャート初登場1位を獲得した。
2015年2月に発売したコンセプトアルバム「L-エル-」は、波乱の人生を送った女性エルの一生を綴った壮大な物語と音楽が絡み合うコンセプトアルバムで、前作「『2012』」に続き2作連続で20万枚を超える作品となった。
また、物語部分が大手出版社KADOKAWAより書籍化となり、現在まで5刷りされるなど大きな反響を呼んでおり、2016年秋には広瀬アリス主演で実写映画化が決定。
コンセプトアルバムからの映画化は国内初である。
2015年はデビュー8周年ということで、夏に名古屋・幕張・大阪でフリーライブを開催。
合計10万人を動員し、フリーライブとしての国内最多動員数を記録した。
最新アルバム「L-エル-」を引っさげた「2015 tour L-エル-」でも自身最多の18万人を動員。
作品のクオリティーの高さとハイトーンボイスが奏でる抜群の歌唱力、ライブパフォーマンスは群を抜いており、現在の音楽シーンにおいて、ライブチケットの入手が非常に困難で、CDの売上枚数が伸び続けているという稀有なアーティストの一人である。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。