logo

大妻コタカ記念会が宮沢賢治生誕120年を記念し、12月10日に講演会「宮沢賢治が歩いた東京」を開催 -- 宮沢賢治研究の第一人者・杉浦静教授が登壇

大妻女子大学 2016年11月17日 08時05分
From Digital PR Platform


一般財団法人 大妻コタカ記念会は、12月10日(土)、大妻コタカ記念会館(東京都千代田区)において、宮沢賢治生誕120年記念文化講演「宮沢賢治が歩いた東京」を開催。宮沢賢治研究の第一人者として知られる、大妻女子大学文学部日本文学科の杉浦静教授が登壇する。参加費無料、定員40人。要事前申し込み。


 大妻コタカ記念会は、大妻女子大学(大学院、短期大学部を含む)および大妻高等学校、大妻多摩高等学校の卒業生と在学生・在校生で構成される団体。知的好奇心を高める文化講演会や、楽しみを増やし生活をより豊かにする生涯学習講習会を開催し、その多くは会員だけでなく、広く一般にも公開している。

 12月10日(土)には、わが国を代表する詩人・童話作家である宮沢賢治(1896-1933)の生誕120年を記念し、文化講演「宮沢賢治が歩いた東京」を開催する。
 講師を務めるのは、同大文学部日本文学科の杉浦静教授。『新校本 宮沢賢治全集』(筑摩書房)の編纂に携わり、宮沢賢治学会イーハトーブセンターの代表理事を務めた経験もある、宮沢賢治研究の第一人者である。
 当日は、宮沢賢治が東京を訪れた際に作った短歌や詩をまとめた「東京」ノートをもとに、賢治の歩いた東京について講演する。概要は以下のとおり。

◆「宮沢賢治が歩いた東京」概要
【日 時】 2016年12月10日(土)14:00~15:30
【場 所】 大妻コタカ記念会館3階(東京都千代田区三番町14−11)
【交 通】 JR・地下鉄市ヶ谷駅下車徒歩10分、地下鉄半蔵門駅下車徒歩6分(※駐車場はありません)
      リンク
【対 象】 一般の方(※会員以外の参加可)
【定 員】 40人(先着順)※定員になり次第締め切り
【参加費】 無料
【申し込み方法】
 大妻コタカ記念会ホームページ( リンク
または、以下の問い合わせ先からお申し込みください

▼本件に関する問い合わせ・申し込み先
 大妻コタカ記念会事務室
 TEL: 03-3265-7030
 メールアドレス: jimu◎otsuma-kotaka.or.jp(※◎をアットマークに変換してください)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事