logo

シスメックスが研究開発および製造の部門間コミュニケーションの効率化にArasを採用

検体検査機器・試薬の製造大手が、設計情報の電子データ管理と部門間情報共有の効率化のためにArasを選択

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーである Arasは、本日、検体検査機器・試薬をグローバルに提供するシスメックス株式会社(以下、シスメックス)が、設計情報の電子データを正とするシステム構築、開発から生産への部門間における設計情報移管後の電子データ管理の利便性を高めるために、Aras Innovatorを採用したことを発表しました。設計情報の電子データを正とし、医療機器規制に適合した情報管理を行うために、既存のPDMシステムと分けて、生産部門に移管する設計情報の電子データ管理をArasで実現しました。

シスメックスは、文書管理システムやBOM管理システムなどを評価した後、ネイティブなWeb技術を採用したプラットフォーム、ソリューションの柔軟性、標準のBOM管理の機能性を評価し、Arasを採用しました。また今後も医療機器規制への適合性を確保するため、製品開発と生産部門間の設計情報移管において不可欠なソリューションとしてArasを使用します。

Aras CEOのPeter Schroerは「シスメックスは、全世界の医療機関に主要な検体検査機器・試薬を提供してきた長い歴史があります。同社の拡大する事業全体の製品開発プロセス一元化と部門間の連携強化のために設計情報の管理および柔軟にカスタマイズできるソリューションを、シスメックスに提供し続けます。」と述べています。

【シスメックスについて】
シスメックス株式会社は、検体検査に必要な機器・試薬・ソフトウェアの研究開発から製造、販売・サービス&サポートを一貫して行う総合メーカーです。現在、世界各国に約60社のグループ会社を保有し、欧米などの先進国をはじめ、中国、インド、東欧、ロシアなどの新興国へと積極的に海外展開を進め、グローバルに研究開発から生産・販売・サービスを行う一貫した体制を構築しています。同社の製品は190カ国以上の医療機関で使用されており、ヘマトロジー検査の分野では、世界シェア第1位を獲得しています。リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineering(ものづくりのビジネス全体を効率化)を実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては、ウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事