logo

HAROiD テレビ向けプライベートDMPを提供開始

株式会社HAROiD 2016年11月16日 08時45分
From PR TIMES

ネット対応を迫られるテレビ局におけるデジタルマーケティングや新規ビジネスモデル開発を強力にサポート

HAROiDは、進むTVのIoT化や動画配信、さらには放送の同時送信時代を見据えた放送局のデジタルマーケティングや新規ビジネスモデルの開発を推進し、視聴体験をアップデートする放送局向けのプライベートDMP「HAROiD DMP」をリリースしました。 オープンDMPではなく、各放送局ごとにHAROiDが構築するプライベートDMPとなります。



株式会社HAROiD(東京都港区、代表取締役社長:安藤聖泰)は、進むTVのIoT化、や動画配信、さらには放送の同時送信時代を見据えた放送局のデジタルマーケティングや新規ビジネスモデルの開発を推進し、視聴体験をアップデートする放送局向けのプライベートDMP「HAROiD DMP」をリリースしました。 オープンDMPではなく、各放送局ごとにHAROiDが構築するプライベートDMPとなります。

具体的にはHAROiDが放送局に提供するHAROiDプラットフォームとHAROiDアカウントを通じて取得できるウエブサイトのアクセスログ、テレビの行動履歴や視聴履歴、スマートフォンの動画配信アプリの視聴履歴や操作履歴、さらに様々な放送局独自のメタ情報や番組情報などをもとにして、視聴者を明らかにし、その視聴者に対して最適なコンテンツを提供することが可能になります。

広告配信、広告主のプライベートDMPとの連携、各種オープンDMPとの連携も予定しております。

第一弾として、株式会社静岡第一テレビに導入し、総務省IoTサービス創出支援事業の実証実験に活用します。また、来年春より本格的に多くの放送局への導入を開始します。ローカル局であれば、トライアルとして基本料金月額5万円~で提供する予定です。

[画像: リンク ]


また本日2016年11月16日(水)から18日(金)に幕張メッセにて開催される国内最大の放送機器展「Inter BEE 2016」のInter BEE CONNECTEDのHAROiDブースでは、このHAROiD DMPの活用もご紹介しています。

※プライベートDMPとは
オープンDMPが他社データを中心としたマーケティングデータの集約とセグメント化が目的であるが、プライベートDMPは自社(放送局)のデータをコアとしています。
HAROiD DMPにおいては、放送局ごとにプライベートDMPを構築し、放送局をまたぐデータの集約やセグメント化を原則的には除外しています。

【国際放送機器展Inter BEE展示ブース】
会期:2016年11月16日(水)~18日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:幕張メッセ(千葉市美浜区)
Inter BEE CONNECTED内HAROiDブース  ホール7 ブースNo. 7105

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事