logo

『ブレイドアンドソウル』「SHINHAN CARD ブレイドアンドソウル トーナメント 2016 ワールドチャンピオンシップ」個人戦および武闘乱舞、本選結果および決勝大会対戦表発表!



PC向けオンラインゲーム『ブレイドアンドソウル』をサービス、運営しているエヌ・シー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))は、昨年に続き、韓国で開催される対戦コンテンツ『比武』の世界一プレイヤーを決定する大会「SHINHAN CARD ブレイドアンドソウル トーナメント 2016 ワールドチャンピオンシップ(以下、ワールドチャンピオンシップ)」に参戦しております。
[画像1: リンク ]

「ワールドチャンピオンシップ」は、現在ゲームがサービスされている日本、韓国、中国、台湾で比武の成績優秀者を集結させ、世界の頂点を目指す大会です。また、大会の様子は日本でもtwitchを通じ生中継でお送りしております。

中継を通じて、多くのブレイドアンドソウルファンの皆様には、応援をいただきましたが、日本は、個人戦および武闘乱舞ともに、決勝大会進出を惜しくも逃しました。

昨年よりもかなり各国のレベルが上がったとされる本大会。予選、本選を通じても日本ではなかなか見ることのできない戦いが繰り広げられてきましたが、決勝大会ではさらにハイレベルな、そして新たな歴史が刻まれていくかと思います。

また、最終日の11/19(土)には、イベント試合として、各国選手のMix & Matchや、シークレットゲストを招いてのGlobal All-Star Team TAG MATCHを予定しており、こちらも見逃せません!

あと一歩のところで決勝進出を逃した日本人選手も気持ち新たに、こちらのイベント戦には出場いたします。

ぜひ、「ワールドチャンピオンシップ」を、引き続き、お楽しみください。

◆「ワールドチャンピオンシップ」生中継について

【国内生放送日時(予定)】
11月18日(金) 17:40~20:40 個人戦決勝大会in釜山 映画の殿堂
11月19日(土) 16:15~21:40 団体戦決勝大会およびイベント試合in釜山 映画の殿堂
※事情により放送時間が変更される可能性がございます。こちらもあらかじめご了承ください。

【視聴URL】
リンク


【MCおよび解説】

[画像2: リンク ]

[StanSmith]

[画像3: リンク ]

〔QliphothX〕
昨年よりMCおよび解説を行ってきたStanSmith氏(写真上と、『ブレイドアンドソウル ジャパンチャンピオンシップ 2015』優勝者であるQliphothX氏(写真下)を中心に進行します。
【生中継特設ページ】
リンク

【個人戦ルール】
・決勝大会
4強トーナメント
各組1,2位は4強トーナメントに進出
決勝戦のみ4本先取

【団体戦ルール】
・決勝大会
ラウンド5は2本先取、ラウンド6は3本先取

本選結果および決勝大会対戦表等
詳しくは、以下の特設サイトおよび、お知らせサイトをご覧下さい。
特設サイトURL:リンク
公式Twitter URL: リンク
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

▲個人予選の模様

[画像7: リンク ]

▲惜敗にて本選敗退となったnoonsangfanclubの様子

[画像8: リンク ]

▲会場の前景

[画像9: リンク ]

▲応援席の様子

◆「SHINHAN CARD ブレイドアンドソウル  トーナメント 2016 ワールドチャンピオンシップ」
【概要】
ブレイドアンドソウル トーナメントは、ゲーム内対戦システムである比武を利用してユーザー間の実力を競う大会であります。今年の「ワールドチャンピオンシップ」では、シングル(1対1の対戦)と、新しく追加された武闘乱舞(3対3のチーム戦)が行なわれます。11月5日(土)から上岩(サンアム)で行なわれる種目別(シングル/武闘乱舞)の予選を始めとし、予選、本選、決勝戦と3週間に渡り開催されます。今回の「ワールド チャンピオンシップ」には、韓国・中国・日本・台湾の4ヶ国の選手たちが参加。国家代表選抜戦を勝ち抜いた選手(国家別シングル:3人、武闘乱舞:2チーム)が参加して、比武の覇者を決定します。

11月18日(金)シングル決勝戦と19日(土)武闘乱舞決勝戦は、釜山(プサン)の「映画の殿堂」の特設舞台で開催されます。この大舞台でシングル3代目ワールド チャンピオンと武闘乱舞初代ワールド チャンピオン チームが誕生することになります。また11月19日(土)に同時開催される特別イベントでは、正規の参加国4ヶ国以外の地域から特別に招待された「スペシャル プレイヤー」も参加する予定!大会総賞金は2億ウォン以上の規模にのぼります。

今回も「ワールド チャンピオンシップ」はNCSOFTが主催しており、韓国では、CJ E&Mのゲーム専門チャンネル「OGN」が競技の生放送を中継。 SHINHAN CARD (公式タイトル スポンサー)、グラフィック カード専門企業「emTek」が後援となっています。


最新情報等その他詳細は、以下のページをご覧ください。
【公式ページ】
ブレイドアンドソウル eスポーツ ホームページ
URL:リンク

◆ブレイドアンドソウルとは
【概要】
主人公は「師の敵を討つ」ストーリーを進めていく。
軽功と呼ばれるアクションコマンドを使用することで、ダッシュ移動や空中疾走、壁登りなど躍動感溢れる移動が可能。戦闘においてはキーを押す毎に技の連携(コンボ)が生まれ格闘ゲームに近しい「アクション性」などが盛り込まれ、今までのオンラインRPGにはない要素が満載。
【開発】
NCSOFT
【サービス提供】
エヌ・シー・ジャパン株式会社
【ジャンル】
多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム
【対応プラットフォーム】
PC
【サービス方式】
基本プレイ無料(アイテム課金)
【公式サイト】
リンク


Blade&Soul(R) is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright (C) 2014 NCSOFT Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.

※当プレスリリースの内容は2016年11月15日現在のものです。諸般の事情により、予定を変更する場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事