logo

日本国内最速!AC1750無線LAN中継器「RE450」販売開始 ~最高のパフォーマンスでWi-Fiネットワークを拡張~

ティーピーリンクジャパン株式会社 2016年11月15日 16時00分
From DreamNews

ティーピーリンクジャパン株式会社(千代田区外神田/代表:李 超毅)は、2.4GHzで450Mbps+5GHzで1300Mbps、最大1750MbpsのWi-Fi速度を実現させた国内最速の無線LAN中継器「RE450」を、2016年11月15日(火)から日本国内での販売を開始します。
 この「RE450」は、すでに日本国内で販売されている「RE200」や「TL-WA850RE」の姉妹機で、外付けの3本のアンテナで理想的なWi-Fiカバレッジと安定した接続を提供し、ギガビットイーザネットポートが無線アダプタのようにギガスピードで有線デバイスと接続します。また、インテリジェント信号ランプは信号の強弱を示すことにより、理想的なWi-Fiカバレッジの最適な場所を探知することができます。
 国内最速の「RE450」は、高品質で高性能にもかかわらず価格はリーズナブルな7.180円(税込み)です 。



【世界で認められている「TP-Link」】
 TP-Linkの本社は中国でSOHO&SMB向けのネットワーキング製品を世界中に展開する、世界No.1プロバイダーです。徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはワイヤレスネットワーク関連、ADSL、ルーター、スイッチ、IP カメラ、パワーラインアダプター、プリントサーバー、メディアコンバータ、ネットワークアダプター等の分野において、受賞歴のある製品を世界中の10億人以上のエンドユーザーに提供しています。



【「RE450」の特長】
その1「Wi-Fiカバレッジを929平方メートルまでに強化」
Wi-Fi の“死角”に困っていませんか? TP-Link AC1750無線中継器は、無線LANルーターに接続して、Wi-Fi信号が到達できないエリアまで信号を強化し、完璧にお届けします。さらに、電波干渉を避け、ホームやオフィスで安定したWi-Fiカバレッジを確保します。

その2「超高速の次世代AC Wi-Fi」
TP-Link RE450は次世代の802.11AC規格技術が装備されているため、前世代の802.11n規格より3倍以上のデータ転送速度を可能にしました。高速のデュアルバンドWi-Fiで最大1750Mbps、HD/4Kストリーミング、ラグフリーゲーム、大容量ファイルダウンロードなど高速データ転送が必要な場合に最適です。

その3「有線でもギガビット規格
ギガビットLANポートで中継器を無線ブリッジのように、無線デバイス、例えば、Blu-ray プレイヤー、ゲームコンソール、DVR(デジタル・ビデオ・レコーダー)、スマートTVなどと接続します。



その4「簡単インストール&クイックポジション~REボタンで簡単インストール~」
中継器RE450は各種の標準的な無線LANルーターと接続できます。すぐにRE450を無線LANルーターと接続する場合、REボタンを押すと同時に無線LANルーターのWPSボタンを押してください(WPS付けの無線LANルーターのみ)。



その5「ハイパフォーマンスの外付け3本アンテナ」
3本のデュアルバンドアンテナ(2.4GHzで3×2dBiと5GHzで3×3dBi)で広いカバレッジと安定性を強化します。ネットワークが届いている場合ならデバイスが接続されています。

【製品URL】 リンク



【本件に関するお問合せ(広報窓口)】
株式会社フロンティアコンサルティング
担当:阿久沢(あくざわ)、高野(たかの)、西澤(にしざわ)
TEL:(03)5216-3544 Mail : info@frontier-c.co.jp

【会社概要】
ティーピーリンクジャパン株式会社
所在地:千代田区外神田5-2-1 Sビルディング6階
日本支社長: 李 超毅(Simon Li)
TEL:(03)6806-0912 リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事