logo

カブク、金属3Dプリント複合加工機向け営業支援システムを開発

株式会社カブク 2016年11月15日 11時00分
From PR TIMES

複雑な見積もり作業の大幅な簡素・高速化を実現

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、製造工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak MMS」を拡張し、金属3Dプリント複合加工機向けの自動見積もりを支援する機能として、金属3Dプリント複合加工機特有の見積もり条件の追加、クラウド上での3Dモデル計測機能・注釈情報の共有機能を開発しました。



カブクは従来の「Rinkak MMS(Manufacturing Management Service)」で取り扱っていた3Dプリント製造領域での営業支援システムに加え、金属3Dプリント複合加工機に対応した営業支援システムを開発しました。これにより、複雑な工程が必要だった金属3Dプリント複合加工を用いた加工の概算見積もりが、簡単且つ短時間で可能になりました。

金属3Dプリント複合加工機対応の営業支援機能は、完成品の体積や形状から独自のアルゴリズムを用いて加工時間を算出し、ユーザー毎に定めた加工時間単価と材料費に基づき、概算見積もりを算出します。加工時間算出の要素となる各項目は、ユーザーの機械設定に合わせてカスタマイズすることが可能です。

上記に関しましては、2016年11月15日よりドイツ・フランクフルトで開催される「FORMNEXT」、2016年11月17日より東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF」の株式会社松浦機械製作所(本社:福井県福井市、代表取締役社長:松浦 勝俊)のブースにてデモプレイと試用体験を行っております。

具体的には、以下になります。

(1)「Rinkak MMS」の拡張
・金属3Dプリント造形のみならず、切削加工まで考慮した自動見積もり機能
・2点間距離計測、角度計測機能の追加
・Rinkak MMS(クラウドサービス)を通じて見積もり対象の3Dモデルを関係者で共有・同期表示
・同期表示されたモデルへ共有可能な注釈を付与

(2)見積もり作成者への提供価値
・Rinkak MMSへ3Dモデルを登録するだけで即座に自動で概算見積もりが可能
・CAD、CAMソフトがなくとも、現場でモデルの製造可否判断が可能(最小工具径や最小肉厚、抜き勾配などの
確認)

【MMS機能拡張デモキャプチャ】
[画像: リンク ]


■Rinkakについて
Rinkakは株式会社カブクが提供するデジタルものづくりのマーケットプレイスと3Dプリントサービスのブランド名称となります。

■株式会社カブクについて
株式会社カブク( リンク )はデジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。「Rinkak Business(リンカクビジネス(リンク)」では法人のお客様向けに3Dプリント技術のソリューション提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、産官学連携による先端技術研究等に携わっています。2014年には電通との業務提携を行い、トヨタ、オリンパス、マイクロソフト、スクエアエニックス、ロフト、コンランショップ、カルピス、フジテレビ、TBS、博報堂との協業実績があります。 また、「Rinkak Factory(リンカクファクトリー)(リンク)」では、3Dプリンターで製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)(リンク)」、世界中のお客様から3Dプリンター出力の製造受託できるパートナープログラムを提供しています。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
【URL】  :リンク
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、コミュニティ運営、3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、プロダクトデザイン・開発、先端テクノロジーの研究

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事