logo

ヴァレオ、CloudMade の50%の株式を取得

ヴァレオグループ 2016年11月14日 17時26分
From PR TIMES

ヴァレオは11月10日、機械学習プラットフォームなど、スマートで画期的なビッグデータ方式の自動車向けソリューションを開発しているCloudMade の50%の株式を取得したと発表しました。この狙いは、ドライバーと同乗者の快適性と安全性をさらに高め、個別に対応できるようにすることです。

CloudMadeは、機械学習と人工知能の分野で先駆的なスタートアップであり、自動車産業向けアプリケーションの設計に注力しています。ヴァレオの投資により、同社は開発を完全に遂行するのに必要とされる財務・技術的なリソースを確保することができます。

ヴァレオが持つ運転支援分野(センサー、カメラ、レーザースキャナー)や、接続性、ヒューマン・マシン・インターフェースなどの各種アプリケーションの開発や空調のソリューションに求められる専門知識と、CloudMadeのビッグデータ処理コマンドや人工知能、予測エンジンを組み合わせることにより、CloudMadeは一人ひとりのドライバーに適した運転支援機能を継続的に提供するソリューションを自動車メーカーに提供出来るようになります。この画期的で斬新な製品により、直観的なドライビングにおいても、車室内の快適性においても、ユーザーエクスペリエンスを高めることができるでしょう。

自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。

2015年度のヴァレオグループの売上高は約145億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、32カ国に148カ所の工場、19カ所の研究センター、35カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約88,800人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。