logo

スポーツ支援クラウドファンディング「スポチュニティ」、B1リーグ「三遠ネオフェニックス」の子ども向けバスケットボールスクールへの支援プロジェクトを開始

スポチュニティ株式会社 2016年11月11日 15時00分
From PR TIMES

スポーツ支援クラウドファンディング・サービスのスポチュニティ株式会社(東京都中央区)は、クラウドファンディング・サービス「スポチュニティ」において、プロバスケットボールBリーグ1部(B1リーグ)所属、ホームアリーナを豊橋市総合体育館(愛知)に置く「三遠ネオフェニックス」が運営する子ども向けスクール「ファイブスター バスケットボール プログラム」の活動を支援するプロジェクトを開始します。



[画像: リンク ]

 今回のプロジェクトは、先般スポチュニティで開始した「ザスパクサツ群馬アカデミー」プロジェクトに続く次世代の選手育成に対する支援募集プロジェクトで、12月に予定されているオーストラリアへの招待遠征の費用をはじめ、子どもたちの育成活動を支援することを目的としてスタートします。これまでもオーストラリアから子ども育成プログラムの中心人物を招聘して地元の子どもたちにクリニックを行うなど、オーストラリアのバスケットボール関係者との交流を重ねてきた「ファイブスター バスケットボール プログラム」のU14選抜チームが、このたび西オーストラリア州バスケットボール協会より招待を受けて選手権大会に出場できることとなりました。しかしながら、遠征のための費用を地域のスポンサーなどに協力を仰いでいるものの、未だ十分に資金が集まっていないのが現状です。子どもたちが世界レベルのバスケットボールに触れられる機会を提供したい、今回の初の試みを成功させて来年以降も継続していくことで、これをきっかけに国境を越えた交流がさらに盛んとなり、三遠地域から全国へ、そして海外へ挑戦する子どもたちへ夢と希望を提供していきたい、というスクール関係者の強い想いから当プロジェクトはスタートしました。当社が掲げる「若者がチャレンジできる機会を与える」「若者に夢を与えるスポーツ団体を応援する」「スポーツで地方を元気にする」こと、それらを通して平等な機会・夢を育む環境づくりを目指す理念にも合致した取り組みとして、スポチュニティは全面的に協力して参ります。

 当プロジェクトは、スポチュニティの特長のひとつである月額課金による中長期型の支援金募集形式を活用します。月額500円/1,000円/3,000円/5,000円/1万円/3万円/5万円/10万円のなかから支援者が自由に選択でき、毎月の決済手続きを行うことなく「継続的に」支援できます。従来のクラウドファンディング・サービスは「短期間で一回きり」の支援が多く、支援者とチーム・選手との関係が途切れてしまいましたが、月額課金により「長期的な支援を求めるチーム・選手」と「長期的にチーム・選手を支えていきたい支援者」双方のニーズを満たします。なお、月額課金で選択できる金額は、随時変更・キャンセルが可能です。

◆三遠ネオフェニックス「ファイブスター バスケットボール プログラム」支援プロジェクトの概要
1) プロジェクトURL
リンク

2) 株式会社フェニックス 強化育成部 土井敦史氏の想い(一部抜粋)
私たちは将来、子どもたちが当たり前のように、今年開幕したBリーグの選手になることやオリンピック、NBAの舞台で活躍することを夢に持てる世界を実現したいと思っています。そのためには、「今の」子どもたちが夢を持ちその夢を実現させること。そして、そのプレーに憧れた次の世代の子どもたちに夢を繋げていくことが必要です。日本のバスケ界はまだまだ成長途中にあり、そのような世の中を作るためにはみなさまのお力が必要です。
私たちは、ファイブスターバスケットボールプログラムの練習を通じて子どもたちにバスケの魅力を伝えること、心技体を鍛える事で人間力を高めること、そして地域の人々の豊かな生活の創造に貢献したいと思っています。また、健康で文化的な社会生活の基盤となる生涯スポーツとしてのバスケの普及、バスケを親子の共通の話題にする事で家族の幸せに貢献する事も実現したいと思っております。そのような社会の実現に向け、これからも精一杯活動を続けていきます。どうか温かいご支援をお願いいたします。

3) 支援募集期間
2016年11月11日~2017年5月31日

4) 支援金募集形式
月額500円/1,000円/3,000円/5,000円/1万円/3万円/5万円/10万円から選択

5) リターン
「ファンランキング*」上位者には、
・トップチーム全選手のサイン入りユニフォームシャツをプレゼント!
・来シーズンホームゲームのダイヤモンド席にペアでご招待!
・遠征に参加する子供達からの御礼のメッセージムービー!
などのリターンをご用意。

*ファンランキング:支援金額ランキングによってサポーターへのリターンが変わるスポチュニティ独自の仕組みです。

「スポチュニティ」では、上記以外の競技やチームの支援プロジェクトも準備中であり、順次スタート予定です。ゆかりの地・ゆかりの人を応援したい気持ちを大切に、さらに多くのスポーツチーム、サポーターに愛されるサービスを目指してまいります。

◆プロ・セミプロチームの支援プロジェクト募集中
支援プロジェクトの実施を希望するプロ・セミプロチームを募集しております。野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、アメリカンフットボール、ラグビー、テニスなど、ジャンルを問わず対応可能です。こちら(info@spportunity.co.jp)までお問い合わせください。

【会社概要】
◆三遠ネオフェニックス(株式会社フェニックス)
所在地:愛知県豊川市一宮町下新切45-47
ホームページ: リンク
概要:チーム創設は1965年、「OSGフェニックス」からbjリーグ「浜松・東三河フェニックス」を経て「三遠ネオフェニックス」へと受け継がれ、チームを通じて本拠地、「三遠」という愛知県東三河地域と静岡県遠州地域の架け橋となり、共にスポーツを通じて成長し合うことを目指しています。チームが運営するバスケットボールスクール「ファイブスターバスケットボールプログラム」は、スポーツを通じて子供たちの人間力を高め、地域から世界で活躍する人材を輩出し、個人そして地域の豊かな生活の創造、健康で文化的な社会生活の基盤となる生涯スポーツの普及、ならびに家族の幸せに貢献することを目指して活動しています。

◆スポチュニティ株式会社
所在地: 東京都中央区
ホームページ: リンク
概要:「Sports×Opportunity」を理念に、「若者がチャレンジできる機会を与える」「若者に夢を与えるスポーツ団体を応援する」「スポーツで地方を元気にする」ことを通して平等な機会・夢を育む環境づくりを目指す、スポーツに特化したクラウドファンディングを提供するベンチャー企業。創業メンバーはグロービス経営大学院で学んだ同級生で、「スポチュニティ」の事業モデルは「ベンチャー戦略」クラスでの実践的演習から生まれたものです。2016年3月に会社登記を完了し、8月には正式版サービスの運用を開始しました。

このニュースリリースに対するお問い合わせ
スポチュニティ株式会社 担当者:宮崎
info@spportunity.co.jp


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事