logo

成果報酬額1枚500円で、一般ユーザーがInstagramに投稿した写真の二次利用許可を取るWebサービス「Piccolle(ピコレ)」をリリース

notari株式会社 2016年11月11日 11時00分
From PR TIMES

Instagram分析ツール「Aista(アイスタ)」を運営するnotari株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:今城博史)は、一般ユーザーがInstagramに投稿した写真の二次利用許可を取るWebサービス「Piccolle(ピコレ)」を2016年11月11日にリリースしたことお知らせします。



[画像1: リンク ]

【Piccolle(ピコレ)とは】
Piccolle(ピコレ)は、一般ユーザーがInstagramへ投稿した写真に対して、二次利用の許可を取る作業を成果報酬でお手伝いするWebサービスです。

Instagramで自社ブランドの商品が投稿されていたら嬉しいですし、「いいね!」や賞賛のコメントが沢山付けられていたら、多くの人たちから反響が得られた印象を受けますよね。

このような自社ブランドの商品がInstagramで投稿された写真を、自社のWebサイトやキャンペーンなどで活用すれば、ファンに響きやすいクリエイティブになります。

ただ、Instagramに投稿された写真画像を二次利用したい場合、投稿者に使用の許諾を取る必要があります。

弊社が開発したPiccolle(ピコレ)は、Instagramに投稿された写真の中から使いたい写真を選択し、写真を投稿したユーザーに二次利用の許諾が取れるWebソリューションを提供します。

▼「Piccolle(ピコレ)」はこちら
リンク


【Piccolle(ピコレ)の使い方】
[画像2: リンク ]

1.Piccolle(ピコレ)を利用するために必要なアカウントのお申込みをしてください。
2.アカウントが発行されたらログインします。
3.使いたい写真を探して選択し、申請を出します。
4.ユーザーから許可が取れた画像をダウンロードする
※許可が取れた画像だけに費用が発生します。
※成果報酬額は1枚500円[税抜](弊社にてファンアカウントを作成する場合は1枚1,000円[税抜])


【こんな方にPiccolleを使って欲しい】
・Instagramから自社ブランドの商品が写っている写真素材が欲しい方
・二次利用したいけど、知らない人に使用許諾を取る時間が無い方
・写真素材費用が高くて困ってる方

【利用シーンイメージ】
・webサイトの素材として
・ECサイトのスタイルとして
・広告素材として
・店頭POPなどの素材としてetc

▼「Piccolle(ピコレ)」はこちら
リンク


【会社概要】
会社名:notari株式会社
URL:リンク
所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-11 渋谷KKビル8F
代表取締役:今城 博史
設立:2014年12月
事業内容:Instagram分析ツール「Aista(アイスタ):リンク」、ハシュレコ:リンク、TechClips(テッククリップス:リンク、Habit Browser、等の各種サービスの開発、運営、アプリ制作、システム開発
問い合わせ先:info@notari.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事