logo

一人暮らしと2人暮らしではこんなに違う!? 東京エリア勤務の人が住んでいる沿線ランキング

株式会社リクルート住まいカンパニー 2016年11月10日 13時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施しています。今回は、「東京エリア勤務の人はどこに住んでいる? 」というテーマの調査を、一人暮らしと2人暮らしの人に実施。結果をまとめましたので一部を抜粋してお知らせします。


-----------------------------
東京エリア勤務で一人暮らしの人は何線沿線に住んでいる?
-----------------------------

■京浜東北線や総武線、丸ノ内線、山手線が上位に

一人暮らしの人が選ぶ路線は、JR京浜東北線やJR総武線、東京メトロ丸ノ内線、JR山手線。東京駅に乗り換えナシでアクセスできることに加え、ランクインしている路線は日中や夜遅くなっても比較的電車の本数が多く、いつでもストレスなく利用できるというのが共通点。

次いで、同率5位で選ばれているのがJR中央本線(中央線快速)、東京メトロ東西線、JR横須賀線。こちらも乗り換えナシで東京都内、神奈川県、千葉県など各方面へアクセスできる路線。こうしてみるとさすが東京駅、ダイレクトにアクセスできる路線の多さに驚きですね。

ただ、男女別では選ぶ路線に微妙に違いがあり、男性は西日暮里、鶯谷といったJR山手線の東側や亀戸、錦糸町などJR総武線の庶民的な街、下町エリアを選ぶ人が多い傾向に。女性は武蔵小杉や戸越公園、京王線沿線の初台や幡ヶ谷などを選んでいる人もいて、街の快適性や雰囲気などを気にしているようです。


-----------------------------
東京エリア勤務で2人暮らしの人は何線沿線に住んでいる?
-----------------------------

■東急田園都市線、東京メトロ東西線、JR山手線が同率1位

2人暮らしの人が選んでいる路線は、東急田園都市線、東京メトロ東西線、JR山手線が同率で1位という結果に。確かに東京駅にダイレクトでアクセスできる東京メトロ東西線、そしてJR山手線は一人暮らしと同様に人気のよう。

ただ、東京エリア勤務の一人暮らしとの違いで異なるのが、東急田園都市線がランクインしていること。東急田園都市線は東京メトロ半蔵門線に乗り入れていて、大手町駅を通るため、「大手町駅」の利用者が多いのかもしれません。

4位にはJR京浜東北線、総武線、東京メトロ千代田線、有楽町線といった路線が同率で並びます。京浜東北線と総武線は東京駅を利用できますが、東京メトロ千代田線は「二重橋駅」「大手町駅」、有楽町線は「有楽町駅」で下車でき、東京エリアととらえている人が多いようです。


このほかにも記事内では、下記の項目において、一人暮らしと2人暮らしの人で比較しています。
・東京エリア勤務の人の通勤時間は?
・東京エリア勤務の人は、最寄駅から徒歩何分の家に住んでいる?
・東京エリア勤務の人は、どれぐらいの家賃の家に住んでいる?
・東京エリア勤務の人は、どんな間取りの家に住んでいる?決め手は?
・東京エリア勤務の人が、その街(駅)を選んだ決め手は?
・ご近所のおすすめスポットは?
・東京エリア勤務の人が、家探しをするときに候補に入れていた街(駅)は?

<記事はコチラ>
▼東京エリア勤務の人はどこに住んでいる?~一人暮らし編~
リンク

▼東京エリア勤務の人はどこに住んでいる?~2人暮らし編~
リンク


<調査概要>
【調査実施時期】2016年07月15日(金)~2016年07月21日(木)
【調査対象者】東京エリアに勤務している25~44歳までの男性94名・女性113名
【調査方法】マクロミル インターネット調査
【有効回答数】207

また『SUUMO』内の『なんでもランキング』『賃貸居住者に聞く!気になるランキング』コーナーでも、住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を発表しています。

▼『なんでもランキング』記事一覧ページ
リンク
▼(最新記事)「正直ひとりにして欲しい!」 パートナーにそう思う瞬間はいつ?」
リンク

▼『賃貸居住者に聞く!気になるランキング』記事一覧ページ
リンク
▼(最新記事)「全国版 あなたがライバルと思う都道府県は?」
リンク






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事