logo

OpenTable、レストラン予約でRettyとの業務提携開始を発表

オープンテーブル株式会社 2016年11月10日 11時00分
From PR TIMES

The Priceline Group (NASDAQ: PCLN) の一員であるオンラインレストラン予約サイトのリーディングカンパニー、オープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武藤友木子)は、レストラン検索と実名口コミ投稿のサービスを提供するRetty(レッティ)株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:武田和也、以下Retty)と業務提携を開始したことを発表しました。これにより、RettyのウェブサイトとアプリからOpenTableのレストラン予約ができるようになります。




Retty (URL: リンク) のレストランページには、Rettyユーザーが使用できるOpenTableの予約リンクが表示されます。リンクをクリックし、希望する予約日時の入力という簡単な手順で、すぐにレストランを予約することが可能となります。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

※「空席を見る」をクリックすると、OpenTableを通してレストランの予約が可能

2011年に日本市場に参入し、2,200万人を超える月間ユーザー数を誇るRettyは、レストランに対する口コミの投稿や、お勧めのレストラン紹介などのサービスを提供する企業です。スマートフォンアプリやウェブサイトからユーザーが投稿したいレストラン情報を編集・公開することができます。

OpenTable Inc. バイスプレジデント コーポレート & ビジネス開発 キャサリン・ポーター (Catherine Porter) は次のように述べています。
「Rettyは日本のレストラン検索に関して素晴らしいプラットフォームを有しています。豊富なレストラン情報と幅広いユーザー層を持つRettyは、OpenTableにとって、まさに最適なパートナーです。Rettyと協力しながら、東京はもちろん、日本全国で人気の高いレストランの予約サービスを提供していきます。」

Retty 代表取締役 武田 和也氏は以下の通り述べています。
「OpenTableは東京だけではなく世界中の人気レストランと提携している実績あるグローバル企業です。同社と提携することで、簡単かつ迅速に、Rettyが提供するサービスからOpenTableに加盟する多種多様なレストランの席を直接予約できる環境を、ユーザーの皆様にご提供できることを大変嬉しく思います。」

OpenTableは、オンラインレストラン予約サービスの世界最大手企業です。全世界で38,000店以上の加盟店を有し、世界全体における毎月の利用者は2,000万人を超えます。また、2006年の日本市場への参入以降、日本全国の世界一流レストラン1,700店以上がOpenTableに加盟しており、レストラン利用者数は500万人を超えています。

■OpenTableについて
OpenTable (オープンテーブル) は、 The Priceline Group (NASDAQ: PCLN) の企業で、 オンラインレストラン予約における業界をリードする企業です。 加盟レストランは全世界で38,000店舗を超え、 毎月の利用者数は2,000万人以上にのぼります。 OpenTableはお客様とレストランをつなげる架け橋として、 お客様がより魅力的なレストランと出会えるお手伝いを、 またレストランがよりきめ細かいサービスを提供しリピーター獲得を促進するお手伝いをしています。 OpenTableの利用者はレストランの空席状況を容易に把握でき、 評価・口コミやメニューなどの店舗情報をもとに、 気になるレストランを簡単に予約することができます。 OpenTableのウェブサイトやスマートフォンアプリの他に、 国内外の大手インターネット企業を含む約600のパートナーのサイトからも予約を受け付けています。 OpenTableのホスピタリティソリューションを利用することで、 レストラン側は予約管理の負担が軽減され、 店舗運営が効率化でき、 サービスレベルを向上することができます。 1998年の設立以来、 OpenTableは世界中で10億人を超えるお客様にオンライン予約をご利用いただきました。 OpenTableは、 米国カリフォルニア州サンフランシスコ市に本社を置き、 米国全土をはじめ、 日本、 イギリス、 アイルランド、 カナダ、 ドイツ、 メキシコ、 およびオーストラリアにおいてサービスを提供しています。 オープンテーブル株式会社は、 米国OpenTable, Inc.の日本法人です。 さらに詳しい情報は、 リンク をご覧ください。 また、 製品情報は、 リンク をご覧ください。

本プレスリリースは以下URLよりダウンロードください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事