logo

IDCフロンティアとデータアーティストが資本・業務提携

マーケティングツールの共同販売と人工知能を用いたプラットフォームを共同開発

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:石田 誠司、以下IDCF)とデータアーティスト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本 覚、以下データアーティスト)は、販売およびAI/ディープラーニング領域における資本・業務提携を行いましたのでお知らせします。本提携により、IDCFが推進する「データ集積地」(データも集積するセンター)構想の実現に向け、データアーティストが持つAIやディープラーニングの技術を活用し、ユーザーのターゲティングとコンテンツの自動生成を通して認知から獲得まで一気通貫で最適化するマーケティングプラットフォームの提供を目指します。

1.業務提携の概要
データアーティストはWebページを活用したマーケティング手法であるLPOツール(Landing Page Optimization)を展開しています。自社で保有するWeb上での行動や購入履歴などのマーケティングデータを人工知能により分析し、高精度のターゲティングとコンバージョン率の向上を特長としています。今後、データアーティストのLPOツールを、IDCFクラウド上で顧客が試用できる機会を提供する「エコアライアンス」へ展開し、共同で販売を行います。また、LPOツールのシステム基盤にIDCFのクラウドサービスを採用し、GPUサーバーなどディープラーニング向けコンポーネントを積極的に活用してマーケティングプラットフォームの提供に向けて共同で開発を進めます。

2.資本提携の概要
データアーティストの第三者割当増資をIDCFが引き受けます。

■株式会社IDCフロンティア
本社所在地 : 東京都新宿区四谷4-29
        ※11月13日より東京都千代田区紀尾井町1-3
代表者   : 代表取締役社長 石田 誠司
URL    : リンク
事業内容  : クラウドコンピューティング事業、データセンター事業

■データアーティスト株式会社
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿3-46-3
代表者   : 代表取締役社長 山本 覚
設立    : 2013年8月
URL    : リンク
事業内容  : 人工知能開発事業、マーケティングコンサルティング事業、ソフトウェア事業

以上

<企業情報>
■株式会社IDCフロンティア
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド、ビッグデータ分析、ネットワークセキュリティ、ハウジングなどのITインフラを提供しています。国内最大規模を誇る広帯域のバックボーンネットワークと圧倒的な拡張性を持つ最新鋭のデータセンターを首都圏・東日本・西日本で展開しており、サーバーセンターからデータを集積するセンターへの変革を推し進め、お客さまの課題を解決するとともにデータが生み出す新しい価値を提供しています。

■データアーティスト株式会社
データアーティストは、人工知能の技術を基礎に、LPO事業を主要事業として2013年8月に設立。代表山本覚は東京大学松尾豊准教授のもと人工知能を専攻。「論理をシステム化し ひらめきに集中する」を経営理念に、500社を超えるLPOツール導入の実績で培ったノウハウと技術力を背景にデータサイエンスを追究し、データドリブンなマーケティングコンサルティングとソフトウェア提供を行っています。

<本件に関するお問い合わせ先>
IDCフロンティア 広報グループ
TEL:03-4354-0155
※ 2016年11月14日以降は、03-6898-2430に変更になります。
メールアドレス:pr@idcf.jp

データアーティスト株式会社
TEL:03-6408-2874
メールアドレス:info@data-artist.com

このプレスリリースの付帯情報

マーケティングプラットフォームのイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
https://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。