logo

利益の50%をソーシャルアクション(社会貢献)に投資する電力サービスはじまりました!

happyenergy株式会社 2016年11月10日 10時00分
From PR TIMES

君がなにげなく使っているそのお買い物エネルギーを僕たちに分けてくれ! なんとなく吸い上げられている「電気代」。それに君の想像力を少しプラスすれば、多様性と笑い溢れる社会が再生できる!

2015年webマガジンとしてスタートした”happy energy”は、お陰様で2016年11月11日に新しい挑戦をはじめます。
「利益の50%を社会貢献に還元する」そんな取り組みです。
僕たちの新しい挑戦が、みんなに受け入れてもらえたら
「大人は時間を取り戻し」「こどもは多様性のある社会でのびのびと遊び、挑戦する」多様性と笑いが溢れる健康な社会がもどってきます。
この社会実験に是非参加してきてください!

Let’s Do it with others
~happy energy~



[画像1: リンク ]


電力自由化がスタートする1年前に僕たちは、ゆるーいウェブメディアを立ち上げました。

値段やサービスではなく理念に共感できる面白い電力会社を温泉にいったついでに見つけてこよう!とそんなゆるめの切り口からwebマガジンをスタートさせたんです。

※元よしもと興業の裏方と同じく元よしもと興業所属のラッパーのおじさんツートップが言い出しっぺです。


僕たちが取材を通して出会った人達は、みんな純粋で最近の日本人には珍しく人生&仕事を謳歌する、面白い大人たちばかりでした。
負け続けても挑み続ける市民活動家、多額の借金を背負っても発電所を作り続ける市民発電グループ、今までのキャリアと収入を捨ててまで挑戦する元商社マンなど新種(珍種?)の日本人だらけ。
彼女達(女性のパワーがすごいです!)からもらったメッセージは、表現はさまざまでしたが意訳すると
「新しい社会を創ろうよ!みんなつながっていこーよ!依存しないで自立していこうよ!(対立なんかしてる場合ではない!)」と電気がどうのこうのを超えたエネルギーでした。
影響を受けやすい僕たちは情報を配信するだけではなく、この楽しい挑戦に参加しようと決意しwebマガジンを進(深)化させ、ついに2016年11月1日ソーシャルベンチャー「happy energy株式会社」を立ち上げました。


ソーシャルベンチャー「happy energy株式会社」は、社会問題を解決するために商売をする!※お花畑のように聞こえるかもしれませんが僕たちは本気です。

具体的には、鹿児島の太陽ガスさんや市民電力会社里エネさんの協力を基に東京電力と関西電力管内をメインに「電力サービス」を提供していきます。

この電力サービス(販売)で得た利益の50%をソーシャルアクション(社会貢献活動)に還元していく新しいようで古くからある社会を目指します。

ソーシャルアクションの方は、すでに先行してスタートしていて2016年5月からこども食堂(僕らは、コミュニティ食堂と読んでいます)を東京・埼玉の2か所で月1回ずつ開催。それ以外にもシングルマザーや子育てママの支援企画や無料の散髪イベントも大阪・東京で毎月開催しています。詳しくは、こちらリンク


つまり!僕らのソーシャルアクションは、大企業にありがちな寄付して終わりではなく、僕たち自身が現場でカレーを作ったり受付したりなんやかんやと汗をかくのが大前提です!
僕たちのアクションには、このマインドと共にあります
Peace, Unity, Love and Having Fun
[画像2: リンク ]


肝心の商売である「電力サービス」の特長は
その1 電力販売の利益の50%をソーシャルアクションに還元します
その2 電気代は、東京電力や関西電力より3%安い
その3 自然エネルギーの比率は、まだまだ低いですが100%を目指しています。
[画像3: リンク ]


これから進める僕たちのプロジェクトがどんどん広まれば、多様性と繋がりの中に笑いが充満したちょっと懐かしい社会が誕生するはずです!いずれは、無料の病院や学校なんかもできたらいいなーと思っています。
そのためにはみなさんの協力は、絶対に必要です!
さあ!この大いなる社会実験に皆さんも参加しましょう!(笑)

Let’s Do it with others!!! 
Happy energy


説明動画 リンク
Faceboook リンク
オフィシャルサイト リンク
問い合わせ先 info@happy-energy.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事