logo

ブッキング・ドットコム、旅行代理店へ向けた新プラットフォームのパイロット版を公開

Booking.com Japan K.K. 2016年11月09日 11時00分
From PR TIMES

顧客の宿泊予約が簡単に行える「Booking.com for Travel Agents」予約管理はもちろん、予約件数や利益データのレポートなど機能満載



[画像1: リンク ]

[2016年11月9日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:ジェームス・ホワイトモア 以下:ブッキング・ドットコム)は本日、「Booking.com for Travel Agents」のパイロット版を公開しました。旅行代理店はこの新プラットフォームを利用して、ブッキング・ドットコム経由で顧客の宿泊予約ができ、予約内容の管理も簡単にできます。Booking.com for Travel Agentsはブッキング・ドットコムのアフィリエイトパートナープログラムの一部で、法人向け出張管理システム「Booking.com for Business」のインフラやテクノロジーを活用。参画した旅行代理店は、弊社アフィリエイトパートナーと同じようなメリットを享受できます。

ブッキング・ドットコムのグローバル・パートナーシップ担当シニア・ディレクター、ブライアン・バティスタは次のように述べています。「旅行代理店が顧客の宿泊予約を行う際、ブッキング・ドットコムを利用するケースが増えてきています。旅行代理店にとっての使いやすさを追求した、弊社のプロフェッショナルなプラットフォームとプログラムを利用することで、旅行代理店は顧客の宿泊予約や予約内容の管理が簡単にできるだけでなく、ブッキング・ドットコムだから提供できる掲載施設の数と種類の豊富さ、シームレスな予約手続きを実感できます。プラットフォームの開発はこれからも続き、今後数ヶ月の間に、便利な機能をさらに追加していく予定です」

Booking.com for Travel Agentsには、すべての予約を確認し、適宜内容を変更できる便利なダッシュボードをはじめ、個々の予約や利益の推移をモニタリングできるレポートなど、さまざまな機能が満載されています。

[画像2: リンク ]


ほかにも参画代理店は、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地にある5つ星のラグジュアリー・ホテルから別荘、アパートメント、ヴィラ、イグルー、ツリーハウスまで、ブッキング・ドットコムが誇る100万軒以上の掲載施設から顧客にピッタリの一軒を選択できるだけでなく、主要都市のオンライン旅行ガイドなど、旅先でやりたいこと、見たいもののイメージを膨らませるさまざまなコンテンツ、日本語をはじめ43ヶ国語で対応する、24時間・年中無休のカスタマーサービスも利用できます。

プログラムの詳細、および認可を受けた旅行代理店専用の登録フォームには、以下のリンクからアクセスできます。リンク

日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約260名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内160名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約9,300軒以上の宿泊施設の予約が可能(2016年10月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、40以上の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地、そして100万軒以上の宿泊施設(うち約52万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを1億件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・184のオフィス、1万3,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™(リンク)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、リンクをご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。