logo

「お願い!ひとりにして!」な瞬間の第1位は、アレに没頭したいとき ~くらしの「気になる!」を徹底調査「SUUMOなんでもランキング」~

株式会社リクルート住まいカンパニー 2016年11月09日 12時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」としてご紹介しています。今回のテーマは、「夫・妻や交際相手に対して、正直ひとりにして欲しい瞬間」 。調査結果をまとめましたのでお知らせします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「趣味に没頭したい」「仕事で疲れた」ときが、男女問わず2トップ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

11月22日は「いい夫婦の日」です。普段仲良しな夫婦でも、たまには「ひとりになりた~い!」という瞬間ってありますよね。今回は夫・妻や交際相手に対して、「正直ひとりにして欲しい!」という瞬間のランキング。どうやら人によって、男女によって、かなり違いがあるようで……。
全体の1位は「趣味に没頭したいとき」22.6%でした。 2位は僅差で「仕事で疲れきっているとき」19.8%。3位は「思う存分買い物を楽しみたいとき」8.4%となりました。

男女別のランキングでは、1位2位は順序が違うものの同じ結果ですが、「趣味に没頭したい」は「共有できないなら自分だけで良い」など、特に男性からの回答が多いのが目立ちました。3位以下は男女の差がよりはっきりと出る結果に。男性の3位は「ケンカして気まずいとき」で、「冷静になって改善点を探したい」「解決法を考えたいから、ひとりにしてほしい」などのコメントがありました。一方、女性の3位は「思う存分買い物を楽しみたいとき」で、「好きなだけ好きな店にいたい」「気を使わなくてすむから」といったコメントが目立ちました。話を聞く、という意味では同じなのですが、話の内容により、男女でランキングが異なる点は注目です。

「ひとりになりたい」瞬間は、人により、男女の違いにより、さまざまなことが分かりました。「その瞬間、分かる!」と頷いていたあなた! 同じことをパートナーも思っているはずです。いい夫婦の日をきっかけに、自分のパートナーがどんなときに「ひとりにして~!」と思っているか、よく観察してみて。お互いが「今はちょっと距離を置こう」と気遣える関係になったら、毎日がもっと楽しくなりそうですよね!


<調査概要>
【調査実施時期】2016年9月30日~2016年10月2日
【調査対象者】全国の20~59歳までの男性208名・女性208名
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】416


▼(最新)この秋、家のなかでやってみたい健康法、エクササイズは?
リンク
▼(前号)よその家のトイレ、こんなのは嫌だ!と思うのは?
リンク
▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク
▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【フリーコメント抜粋】
「コーヒーを飲んで寝てしまいたい」「ケンカの原因を考えたい」「返事をしないと怒られる」など
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●趣味に没頭したいとき:読書をしていて、物語が佳境に入っているときに話しかけられると興ざめ。(47歳・女性)
●仕事で疲れきっているとき:何も考えずにおいしいコーヒーでも飲んで寝てしまいたい。誰とも話したくないと思ってしまう。(56歳・女性)
●思う存分買い物を楽しみたいとき:行ったり来たりしたいのに、またー?などと言われそうで面倒。(41歳・女性)
●ケンカして気まずいとき:ケンカの原因をじっくりと考えるとか、どうすれば仲直りできるかとか、やはり1人になって考えたい。(49歳・男性)
●興味がない話を延々とされるとき:仕事で疲れて家事もしているのに、何も手伝わずにずっと喋られると腹が立つ(54歳・女性)
●友達と遊びにいきたいとき:結婚しているからといって、いちいち行動にとやかくいわれたくない。(46歳・女性)
●愚痴を聞かされるとき:返事をしないと怒られるし、共感できないから。(28歳・男性)
●自分磨きをしたいとき:トレーニングして、気持ちを入れ換えたいから、ひとりにしてほしい!(47歳・男性)


「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについ
てアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。


――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。