logo

DA-310USBDDFATMテクノロジー採用フルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプ

株式会社ディーアンドエムホールディングス 2016年11月09日 10時00分
From PR TIMES

デノンは、「デザイン・シリーズ」のUSB-DAC / ヘッドホンアンプ「DA-310USB」を2016年12月中旬に発売いたします。



[画像: リンク ]

DA-310USBは、前作「DA-300USB」の「デノンのHi-Fiテクノロジーをコンパクトサイズに凝縮し、最高のヘッドホンリスニング体験を提供する」というコンセプトを継承しながら、機能性、サウンドクオリティ、そしてコスメティックデザインのすべてを大幅に強化。
ヘッドホンアンプ回路にはネットワークオーディオプレーヤー「DNP-2500NE」と同様に、新世代のデジタルアンプソリューション「DDFATM」を採用したフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアンプを搭載。高速かつ極めて精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いることにより、音源に含まれる情報を損なうことなくヘッドホンをドライブします。
USB-DAC機能は、最大11.2MHz / 32bit DSD、384kHz / 32bit PCMに対応。そしてデノンが誇るアナログ波形再現技術の最新バージョン「Advanced AL32 Processing Plus」、PCノイズをシャットアウトする「デジタルアイソレーター」、デジタル回路の正確な同期とジッターの極小化を実現する「DACマスター・クロック・デザイン」などデノンのHi-Fiテクノロジーを惜しみなく投入しました。
アナログ出力回路のクオリティにも一切の妥協を許さず、CDプレーヤーなどのHi-Fiコンポーネントと同様の回路構成とサウンドマネージャーによって厳選された高音質パーツを贅沢に使用しています。
11月9日
デノンについて
2010年10月1日に100周年を迎えたデノンは、日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用 録音機器製造会社を起源とするプレミアムオーディオブランドです。世界初のデジタルPCMレコーダーを実用化 するなど、革新的な技術力と開発力は、世界中から高い評価を得ています。2001年からはその呼称を 「デンオン」から「デノン」に統一し、グローバルブランドとしてさらにその活躍の場を広げています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。