logo

全国3,000のお城を収録するGPS(位置情報)スタンプラリーアプリ「発見!ニッポン城めぐり」でNHK大河ドラマ『真田丸』に合わせたイベント「真田丸の戦い」がスタート!

ユーエム・サクシード株式会社 2016年11月08日 12時58分
From PR TIMES

ユーエム・サクシード株式会社が運営する位置情報アプリ「発見!ニッポン城めぐり」では、3,300名以上の利用者を集めた大阪歴史博物館での特別展『真田丸』キャンペーンに続き、NHK大河ドラマの進行と合わせて展開されるイベント「真田丸の戦い」をスタート致しました。



[画像: リンク ]


スマートフォン・PC向けコンテンツの企画、制作などを事業展開するユーエム・サクシード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂本 昇治)が運営する日本のお城をテーマとした無料GPS(位置情報)スタンプラリーアプリ「発見!ニッポン城めぐり」(リンク)は、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』に合わせ、2016年11月7日(月)より合戦イベント「真田丸の戦い」を開始しました。


「発見!ニッポン城めぐり」では、2016年11月6日(日)まで大阪歴史博物館で開催されていた特別展『真田丸』(主催:大阪歴史博物館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、読売新聞社)と連動した来訪促進キャンペーンを実施し、約3,300名のアプリ利用者が実際に大阪歴史博物館を訪れました。今回の合戦イベント「真田丸の戦い」はこのキャンペーンに続き、NHK大河ドラマの進行と合わせて展開されるイベントとなります。


真田丸の戦いとは、徳川幕府と豊臣家の間で争われた大坂冬の陣における戦いのひとつで、真田信繁(幸村)が指揮を執り幕府軍を退けた戦いとしてNHK大河ドラマ『真田丸』でも終盤の山場として描かれています。


合戦イベント「真田丸の戦い」では、アプリの利用者が真田軍と幕府軍、2つの軍に分かれ、日替わりで出される指令に答えたり、日々の移動によって同じ軍の仲間を救援したりするなど、さまざまなアクションで増減する“軍功”と呼ばれるポイントを増やすことがミッションとなります。イベントの終了時点で軍功合計が多い軍が勝利となり、報奨としてアプリ内のさまざまな特典を獲得することができる仕組みです。


この合戦イベントは映画『のぼうの城』とタイアップした「忍城の戦い」を第1回とし、これまでに全8回開催されており「発見!ニッポン城めぐり」の人気イベントとなっています。


※ イベント開催期間は2016年11月16日(水)までとなります。


「発見!ニッポン城めぐり」では今後も、大河ドラマとリンクしたさまざまな企画を実施予定となっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事