logo

4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小(※1)・最軽量(※2)を実現

“4K600STZ”など4Kプロジェクター2機種を発売

キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、4096×2400画素の高解像度LCOS(エルコス)パネルを搭載した“4K600STZ/4K501ST”を2016年11月15日より順次発売します。



[画像: リンク ]
“4K600STZ”は、4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小・最軽量、“4K501ST”は、4Kランプ光源プロジェクターで世界最小(※3)サイズを実現しています。常設による運用が多い高輝度な4Kプロジェクターにおいて、可搬できるサイズを実現することで、さまざまな場所で4K映像の投写が可能になります。学校の講堂やイベント会場での利用のほか、企業・店舗におけるデジタルサイネージやプロジェクションマッピングへの展開、美術館や博物館、シミュレーション・デザイン用途など、幅広く活用することができます。

■ 臨場感のある高精細な4K映像を投写
いずれも4Kデジタルシネマ(4096×2160画素)を上回る4096×2400画素のLCOSパネルを採用し、“4K600STZ”は6000lm、“4K501ST”は5000lmの高輝度で高画質な映像投写が可能です。4K解像度対応の広角ズームレンズと高性能映像エンジンにより、臨場感のある映像投写を実現しています。

■ 4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小・最軽量を実現(“4K600STZ”)
“4K600STZ”は、新開発のレーザー光源システムと独自の光学システム「AISYS(エイシス)」により、4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小サイズの体積約7万cm3(幅約559×奥行き624×高さ201mm)、世界最軽量の約26kgを実現しています。レーザー光源の採用により、光源を約2万時間(※4)交換することなく投写可能なため、メンテナンス負荷を軽減できます。

■ HDR(ハイダイナミックレンジ)など新たな規格に対応(“4K600STZ”)
“4K600STZ”は、映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を拡大させるHDR機能を搭載し、肉眼で見た映像に近い階調表現が可能です。また、4K/8K映像の放送規格ITU-R BT.2020の色域で撮影された映像入力に対応しています。


[表: リンク ]


プロジェクターホームページ:canon.jp/projector


※1 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターの体積として。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
※2 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
※3 ランプ光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
※4 輝度が50%に低下するまでの時間。目安であり使用環境・状況により異なる場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事