logo

クラウドファンディング「MOTTAINAIもっと」の開始について

MOTTAINAIキャンペーン 2016年11月08日 11時00分
From PR TIMES

MOTTAINAIキャンペーン(所在地:東京都千代田区、事務局長:七井辰男)は、クラウドファンディング事業「MOTTAINAIもっと」のサービスを12月上旬に開始いたします。



クラウドファンディングとは、新しいアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて世の中に呼びかけ、共感した人から広く資金を集める方法です。日本では2001年に初めてサービスが提供され、近年急速に市場規模は拡大しており、2015年に約363億円(前年比+68.1%)、2016年は約478億円に達すると見込まれております(注1)。

「MOTTAINAIもっと」は、環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんが提唱した世界共通語「MOTTAINAI」の考え方をもとに、「クラウドファンディング」を組み合わせ、地域から発信する新しいアイデアや製品、また新しいことに挑戦する人々のその想いを、もっと多くの方々に知ってもらい、もっと応援してもらうための購入型クラウドファンディングサイトです。

サービススキームとしては、MOTTAINAIブランドのマスターライセンシーである伊藤忠商事が「MOTTAINAIもっと」をクラウドファンディングの分野で国内のパイオニアであるミュージックセキュリティーズ株式会社と共同で運営します。また、プロジェクト案件の発掘については、全国信用協同組合連合会との提携を通じて、地域密着型金融機関として地域に眠る地域資源と挑戦する事業者を熟知している信用組合が実施し、募集をサポートしていきます。MOTTAINAIブランドのライセンサーである毎日新聞社は特色あるプロジェクトを新聞紙面等で特集、掲載することにより、特にこれまでクラウドファンディングを知ることのなかった層を中心に発信し、各地域に資金が回る仕組みを構築していきます。

(注1)出典:(株)矢野経済研究所「国内クラウドファンディング市場の調査(2016年)」(2016年8月19日発表)

■サービススキーム
[画像1: リンク ]



■シンボルマーク
[画像2: リンク ]

MOTTAINAIキャンペーンのロゴ(雫)を「人々の想い」と捉え、雫が集まることにより、プロジェクト成功への豊かな恵みの水源ができることをイメージしております。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<MOTTAINAIキャンペーン参考資料>

■MOTTAINAIキャンペーンとは
[画像3: リンク ]

MOTTAINAIキャンペーンは、Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)とかけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」を、環境を守るアイコトバ「MOTTAINAI」とし、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動です。グリーンベルト運動の創設者であるワンガリ・マータイさんが提唱し、2005年からスタートしました。
国内企業の賛同を受けて伊藤忠商事などが運営し、オリジナル商品、フリーマーケットなどの収益金の一部や、クリック募金で集まった募金を「グリーンベルト運動」へ寄付するなど、様々な形でワンガリ・マータイさんの植林活動を支援しています。MOTTAINAIキャンペーンを通じた寄付で実施する植林事業「MOTTAINAI GREEN PROJECT ~緑のMOTTAINAI~」は、ケニア・キエニ地区に植林する計画として、現在も植林活動を継続しています。

公式サイトURL:リンク

■ワンガリ・マータイさんについて
[画像4: リンク ]

グリーンベルト運動創設者。ケニア共和国元環境・天然資源省副大臣。生物学博士。国連平和大使。旭日大綬章受章者。MOTTAINAIキャンペーン提唱者。

1940年、ケニア・キエニ生まれ。
1977年、貧しい女性たちと「グリーンベルト運動」という植林活動を開始。政府の弾圧を受けながらも、運動にはこれまでに延べ10万人が参加し、植えた苗木は、約5100万本に上ります。2004年、環境や人権に対する長年の貢献が評価され、環境分野で初めて、アフリカの女性としても初めて、ノーベル平和賞を受賞しました。
2011年9月25日(日本時間26日)、卵巣がんのためケニア・ナイロビの病院で死去。享年71歳。


■グリーンベルト運動について
[画像5: リンク ]

ワンガリ・マータイさんが、祖国ケニアの環境保護と住民の生活向上を目的に、1977年から非政府組織(NGO)として始めた植林活動。たった7本の木を植えることからスタートしたこの運動は、これまでにケニアをはじめとするアフリカ大陸全土で約5100万本もの木を植えてきました。また、植林には貧困に苦しむ女性を中心にのべ10万人が参加。環境保護にとどまらず、女性の地位向上やケニア社会の民主化にも大きく寄与しています。

<HP> リンク
<Facebook> リンク
<twitter> @mottainai_info
<Youtube> リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。