logo

法律をもっと身近に! リーガルロボットサービス提供!

株式会社ゴールドアイピー 2016年11月07日 21時21分
From PR TIMES

Sotaがリーガル・コミュニケーションをサポート

知財関連IT企業の株式会社ゴールドアイピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 白坂一)は、リーガルテクノロジーでは初のロボットサービス「LegaRobo(リーガロボ)」を発表いたします。本サービスは、ロボット「Sota」開発元のヴイストン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 大和信夫)と、世界のお菓子の量り売り 株式会社CANDY・A・GO・GO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 落合琢)の協力のもと実現しております。



「法律をより身近に」リーガルコミュニケーションをロボットがサポート
 法律系士業の先生(例えば、弁護士、弁理士、社会労務士など、以下先生)は、その高い専門性から、時としてクライアントに「難しい話をする」「近寄りがたい」、「威圧的といった」印象を与え、それがクライアントとのコミュニケーションを妨げる場合があります。
 LegaRoboサービスは、この様な問題を解決すべく、コミュニケーションロボット「Sota」(ヴイストン株式会社開発)が、遠隔にいる先生の音声としぐさをつたえるための化身となって、クライアントへのリーガルアドバイスのためのコミュニケーションを、弊社提供のチャットシステムを介して、円滑にし、法律をより身近に、効率的にとってもらうためのサービスです。
[画像1: リンク ]



 具体的には、弊社提供の、海外への特許・商標・意匠出願を望む発明者・企業と、海外の弁護士を直接結びつけるサービス「IP DIRECT(アイピーダイレクト)」のチャットシステムを介して、先生と契約書などの書面のやり取りを、Sotaと一緒にやり取りして頂き、先生がアドバイスをしている際に感情を伝えたいときには、Sotaが代わりに、「うなずく」「ガッツポーズ」等といった可愛い動作を交えることで感情をつたえてくれます。

 弊社ビジネスチャットシステムと、ロボットSotaを含めたLegaRoboサービスは、初期費用を(本体価格および設置費用等)145,000円で、月額利用料金を4,500円で、限定100台の販売を予定しております。11月9日より予約販売を受け付けます。また初回オプションで、Sotaと併せて、株式会社CANDY・A・GO・GOの外国人観光客にも大人気の可愛いキャンディがついてきます。
[画像2: リンク ]



ワンス・アポンアタイム:LegaRoboサービスが生まれる前のお話
Sotaは、ゴールドアイピーが提供するIP Directを用いて、世界の弁護士の先生とコミュニケーションをとり、自身の知的財産権を取得しました。この昔話をYoutubeにて公開中ですので、是非、ご覧ください。
 Sotaの知的財産が取得されるまで昔話
[動画: リンク ]


11月9~11日 特許・情報フェアにて、リーガロボ Sotaが登場いたします!
ゴールドアイピーは、11月9~11日に行われます「2016 特許・情報フェア&コンファレンス」(於 科学技術館)に出展し、そこで、リーガロボ Sotaが登場いたします。株式会社CANDY・A・GO・GOの可愛いキャンディとキャンディガールも登場いたしますので、是非ご来場いただき、キャンディとキャンディガールに囲まれたSotaに会いに来てください!


「2016 特許・情報フェア&コンファレンス」
URL:リンク

【ゴールドアイピーについて】
代表取締役社長:白坂 一   
東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング406
URL: リンク
株式会社ゴールドアイピーは、海外出願支援、人工知能を駆使した知的財産価値評価、知的財産の活用、特許調査、知的財産保険サービスを提供。
2015年9月11日設立。資本金1,000,000円(2016年10月24日現在)。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。