logo

内定から入社手続きをもっと便利に。「SmartHR」と「Talentio」が業務提携。API連携により「Talentio」の内定者情報をワンクリックで「SmartHR」に送信可能に

KUFU 2016年11月08日 09時39分
From PR TIMES

 社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」を提供する株式会社KUFU(東京都港区、代表取締役 宮田昇始)と、採用管理システム「Talentio」を提供する株式会社タレンティオ(東京都渋谷区、代表取締役社長 佐野一機)は、このたび業務提携契約を締結したことを発表いたします。まずは、最初の取り組みとして、Talentio上から内定者が出た旨や、履歴書・職務経歴書等を含む個人情報をSmartHRにワンクリックで送信するAPI連携を11月8日にリリースいたします。



[画像1: リンク ]

(左:タレンティオ 佐野、右:SmartHR 宮田)

■ 今回の連携によって可能になること
 企業の採用担当者は、Talentio上にある内定者の情報に対して「SmartHRに登録」ボタンをクリックし、SmartHRに通知を送ることができます。通知を受けた労務担当者は、内定者の情報を確認することができ、従業員データとしてSmartHRに反映させることが可能となります。
 また、内定者の情報を登録する際には、履歴書や職務経歴書などのファイルを添付することができ、書類をスキャンしたり、ファイルをダウンロードやアップロードすることなく、情報のやりとりをカンタンに行うことができます。
[画像2: リンク ]


■ 連携の背景
 これまで、従業員が入社する際に、採用担当者と労務担当者間の課題として、内定者の入社日や入社に必要な情報が伝わっておらず、労務担当者は、入社当日に慌てて社会保険や雇用保険などの入社手続きにあたるといったケースが多くありました。
 今回の連携により、採用担当者は労務担当者にTalentio上から1クリックで内定者が出たことを通知することができ、採用担当者と労務担当者の「聞いていなかった」というトラブルを未然に防ぐことができます。
 また、内定者の情報には、履歴書や職務経歴書など、非常にセンシティブなデータが含まれています。採用担当者は、これらのセンシティブな情報をセキュアな方法で、労務担当者に情報を渡すことができるようになります。
 SmartHRの導入企業のなかには、Talentioを導入している企業も多く、双方を導入している企業の声により採用担当者と労務担当者の双方の課題が見えてきました。
 今回の連携により、採用担当者から労務担当者へ、内定者の情報を守りながら、入社手続きの一連の手続きがワークフローのようにカンタンに行われることを期待します。

■ 今後の展開
 今後も、SmartHRとTalentioは、より便利に使っていただけるような連携を検討しています。将来的には、SmartHRの従業員データベースと、Talentioの採用プロセスの分析・検証機能を紐づけ、例えば、長期にわたり活躍している社員はどの採用チャネル経由での入社が多いかなど、入社前と入社後の情報を横断的にデータ解析できる機能の開発などを行っていく予定です。

■「Talenteio」とは
 「Talentio」は採用活動を効率化し、AIを用いてより良い採用活動を提案するクラウド型採用管理システムです。候補者の一元管理、選考フローの設計に加えて、応募ページの作成も可能です。煩雑な採用オペレーションから人事担当者や経営者を開放し、戦略業務に注力できる環境を支援します。
採用管理システム「Talentio」: リンク

■「SmartHR」とは
「SmartHR」は企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド労務ソフトです。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成し、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請も可能です。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能も搭載しており、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。正式版公開から11ヶ月で、2,300社を越える企業が登録しています。
クラウド労務ソフト「SmartHR」: リンク

■ 会社概要
社 名  株式会社KUFU(クフ)
所在地  東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台601
代表取締役 宮田 昇始
設 立   2013年1月23日
資本金  5億7626万円(資本準備金含む)
企業URL リンク
事業内容 クラウド労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営

■ プレスキット
プレスリリース掲載画像よりも高解像度の写真画像をお求めの場合、以下ページにアップロードされているオフィシャル素材をダウンロードして掲載にご活用ください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。