logo

新日鉄住金 鉄源競争力の強化に向けた溶銑予備処理設備の導入を拡大

新日鐵住金株式会社 2016年11月07日 12時04分
From Digital PR Platform


鉄鋼業においては、鉄鉱石等原料の劣質化による溶銑中の燐濃度が上昇する一方、鋼材の高品質化による製品の低燐化など、原料と製品の成分スプレッドが拡大する状況にあります。

新日鐵住金株式会社(以下、「当社」)は、製鋼工程における脱燐処理の高効率化を推し進めるべく、鹿島製鐵所第二製鋼工場に多機能統合型転炉(いわゆる「MURC」)を導入することを決定いたしました。

今回、鹿島製鐵所第二製鋼工場に導入する多機能統合型転炉は、1基の転炉で脱燐、排滓、脱炭を連続して実施するため、脱燐反応効率の向上、脱炭スラグの次チャージでの再利用が図られます。また、低燐鋼から汎用鋼までの製造における省エネルギー、省CO2効果を得るとともに、低燐鋼の安定製造が可能となります。

今回の設備導入に伴い、当社では、対象となる全製鉄所(鹿島、君津、名古屋、和歌山、八幡、大分、室蘭)の全製鋼工場で溶銑予備処理を行うことが可能となります。

当社は、より高効率な生産体制を構築し、高度化するお客様のニーズに応えていくとともに、エコプロダクツⓇの安定供給を通して社会に貢献して参ります。


【設備導入の概要】
設備エンジニアリング : 当社
導入時期 : 2018年度下期

【多機能統合型転炉法の概要】
注銑→脱燐→中間排滓→脱炭→出鋼→スラグ固化→スラグリサイクル→(注銑)
(1)脱燐吹錬技術
ふっ素(ホタル石)使用無しでスラグを溶融させ、脱燐効率を向上する条件(低塩基度・高酸化度)を見出した
(2)中間排滓技術
スラグをフォーミング(泡立ち)させ容積を増加させて、転炉傾動による自然排滓を可能化
(3)スラグ熱間リサイクル技術
スラグを熱間リサイクル使用するため、スラグ迅速固化技術開発による溶銑との反応抑制
(4)高速処理技術
各工程のサイクルタイム短縮


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2146

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。