logo

【16ヶ月で会員数5万人を突破】日本最大級の婚活パーティー情報サイト「オミカレ」の総登録会員数が5万人。

株式会社オミカレ 2016年11月07日 10時00分
From PR TIMES

2016年4月に会員数2万人、2016年6月に3万人、2016年8月に4万人と順調に増加。

株式会社オミカレ(本社:東京都渋谷区代表取締役 羽場誠、以下、オミカレ社)は、自社で運営する日本最大級の婚活パーティー情報サイト「オミカレ」(リンク)」の総登録会員数が5万人を突破したことを発表いたします。日本最大級の婚活パーティー情報ポータルサイト「オミカレ」は、 婚活者一人ひとりが素敵なパートナーに出会うきっかけ作りを支援しています。



[画像1: リンク ]

今回5万人を突破した会員機能のリリースは2015年7月で、2015年12月に会員数1万人、2016年2月は会員数1万5千人、2016年4月に会員数2万人、2016年6月に3万人、2016年8月に4万人、2016年11月に5万人、と会員登録数を順調に増やしております。

「趣味」「年齢」「職業」など、婚活者の好みに応じて婚活パーティーは多様化しています。しかし、自分に合う婚活イベントが「いつ」「どこで」行われるのか調べるのは大変な手間です。そんな婚活者が、全国で行われる婚活パーティーから自分の好みにあったものを簡単に調べて予約までできるのが日本最大級の婚活パーティー情報ポータルサイト「オミカレ」です。

「オミカレ」は都道府県別に年代、職業など条件別に検索可能で、参加体験談など事前に口コミ情報を知ることもでき、素敵な出会いをサポートします。

また、オミカレでは安心して婚活パーティーに参加してもらうために、2万件以上のイベント情報を当社独自の審査基準を満たした「真剣な婚活・お見合いパーティー情報」のみを掲載しております。

「婚活実態調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると、婚活サービスの利用状況としては、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は年々増加しており、2015年に結婚した人のうち8.3%が、婚活サービスで相手を見つけています。
※婚活サービス:結婚相談所、婚活サイト・アプリ、恋活サイト・アプリ、婚活パーティ・イベントの4サービス

2015年の婚姻者において、「結婚相談所」「婚活サイト・アプリ」「婚活パーティ・イベントに参加」は「SNSのコミュニティに参加」「合コンに参加」よりも結婚できた割合が高いという結果が出ています。


[画像2: リンク ]

各婚活サービス利用経験(現在利用含む)としては、「結婚相談所」:5.4%、「婚活サイト・アプリ」:5.6%、「恋活サイト・アプリ」:6.7%となっており、オミカレが支援している「婚活パーティ・イベント」:9.4%(男性7.1%、女性が12.4%)と多くの方が利用しています。

厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2015年の合計特殊出生率は1.46で、2005年に1.26と過去最低を記録してから微増傾向にあります。しかし、人口を維持できる水準とは乖離があり、今後も人口減少が続く見通しです。

日本が世界中のどこの国も経験した事のない少子高齢化社会に変容していく中で、「オミカレ」が婚活というテーマにおいて貢献できる領域は益々拡大していくと考えています。

「良きご縁」のきかっけを作る行動支援型メディアを基盤に、これからも多くの方に幸せをもたらすサービスを開発し続けていきます。

【株式会社オミカレ 会社概要】
会社名 :株式会社オミカレ
所在地 :東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 4F
代表者 :代表取締役 羽場誠
業務内容:婚活メディア運営 婚活事業社支援サービス開発
HP : リンク

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社オミカレ 広報担当
電話:03-6712-6182 メールアドレス:support@party-calendar.net

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事