logo

Omise:リンク型ペイメント「Links(リンクス)」提供開始。SNSやメッセージングアプリで簡単にクレジットカード決済

Omise Japan株式会社 2016年11月07日 07時00分
From PR TIMES

 日本および東南アジアでオンライン決済サービスを展開するOmise Holdings Pte., Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役:長谷川潤)は、この度、SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやBtoBビジネスに最適なリンク型決済機能「Links(リンクス)」を提供開始いたしました。




Linksでは、自社ウェブサイトを持たずに、Omise Payment商用環境アカウントをお持ちの加盟店であれば、固有のURLをメール、メッセージングアプリやSNSでお客様に送るだけでクレジットカードでのお支払いを受け付ける事ができます。チャット型のカスタマーサポートや個人の嗜好に合わせたレコメンド機能といった購買促進機能と併せてLinksを活用することで、ユーザーは様々なコミュニケーションツール上で商品の購入まで完結できるようになります。
[画像1: リンク ]


ユーザーのクレジットカード情報は、Omise Paymentが提供するPCI-DSSに完全準拠したセキュアで安全な決済環境内で処理されるため、加盟店はクレジットカード情報の伝送、処理、保管といった機密情報取扱のリスクを持たずに利用できます。
Linksで支払われた課金はOmise Payment管理画面に集約されるので、ECサイト経由の課金同様に、ワンクリック返金やCSVレポート作成など経理作業での簡便化にもご活用いただけます。

<チャットボットやリンク型決済が持つ、顧客のオンラインショッピング促進への効果>
IT分野の調査・コンサルティング専門企業ガートナー社の発表によると (リンク) 、チャットボットなどのデジタルアシスタント機能はオンラインショッピング売上高を大幅に向上させる効果があり、2016年末時点で20億ドル相当の効果が見込まれます。
例えばタイの保険会社では、メッセージングアプリのチャットボット機能に併せて、保険販売員がサポートをしながら顧客が自身のモバイル端末上でクレジットカード決済を行えるシステムにLinksを活用しています。

Linksは加盟店審査を通過したEC事業者であれば個人事業主・法人に関わらずご利用いただけます。

■Linksに関するお問い合わせ先
カスタマーサポート: support@omise.co

[画像2: リンク ]


■オンライン決済サービス「Omise Payment」Webサイト
リンク

Omise Paymentは、電子商取引(EC)事業者向けオンライン決済サービスです。ウェブサイトやスマートフォンアプリに数行のコードを埋め込むだけで導入できるだけでなく、初期費用や固定費用をかけずにクレジットカード決済機能をご利用いただけます。ご利用可能国は、日本とタイ、インドネシア等の東南アジア地域です。アジアでの事業拡大時も、現地の主要決済手段を最短2日のオンライン審査で導入いただけます。

【会社概要】
会社名: Omise Japan株式会社
代表者:代表取締役社長 長谷川潤
設立: 2015年5月
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-10
事業内容:決済代行業
URL:リンク


[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事