logo

IT白書 ゼロベースのIoTイノベーション

日本ビジネス開発株式会社 2016年11月06日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年11月6日

日本ビジネス開発株式会社

IT白書2016年版発刊 ゼロベースの時代-ゼロベースのIoTイノベーション

企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、06-6685-7992、代表藤田英夫)は、IT白書2016年版を発刊した。当書は1996年2月、本邦初の「インターネットビジネス白書」名で創刊、2000年に現名「IT白書」に変更してさらに幅広いIT領域を収録対象にして好評を博している。2016年版は創刊号から数えて第22弾となる。
リンク
 今回は副題に「ゼロベースの時代-ゼロベースのIoTイノベーション」を掲げた。社会全体がパラダイムシフトに突入した。そしてパラダイムシフトが連続して起こるのがITビジネスである。ネットを軸にしたITビジネスは、1990年代半ばのパソコンから2000年代半ばのスマホに進化し、2010年代半ばからIoT時代を迎えようとしている。今後の10年間はIoTの時代と目される。各々の転換期には主役も激変してきた。すなわち、すべての企業・ビジネスにとって白紙からの千載一遇のチャンスをもたらせてくれるのが、あらゆるモノ・コトがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)ビジネスである。
 しかし、すでに多くの企業が当該ビジネスへの対応強化を打ち出しており、勝ち抜くのは容易ではない。競争の源泉となるイノベーションが不可欠となる。当書では巻頭部において「ゼロベースのIoTイノベーション」の一覧表を記し、本年版の結論的
総括とした。
 本文は最新のIT事例、新興市場上場IT企業及び大手IT企業7社(日立、NEC、富士通、パナソニック、NTT、kDDI、ソフトバンクグループ)の戦略トピックスを収録した。A4判199ページ。税抜価格3万8000円。2016年10月6日発行。








































 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。