logo

朝倉美津子 ORITATAMU展~染める・織る・折りたたむ 現代タピストリーの世界

株式会社高島屋 2016年11月04日 18時34分
From Digital PR Platform


2016年11月
染める・織る・折りたたむ
現代タピストリー
朝倉美津子 ORITATAMU展
■会期:2016年11月16日(水)~11月22日(火)
■会場:日本橋高島屋 6階美術画廊 ※入場無料
■開場時間:午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後4時閉場)      

「ORITATAMU」
日本橋高島屋では、染織作家 朝倉美津子先生の個展を開催致します。
朝倉先生は、京都で生まれ育ち、革新的な染織作品を数多く制作している作家です。
自ら、絹を中心に麻や綿など自然の素材を使って、透明感のある美しい糸に染め、・・・それらを、着物や屏風、折り紙などに見られる、日本ならではの「折る」技法により、西洋のタピストリーと融合させ独自の世界観のある作品を生み出しています。

本展ではタピストリーを中心に、新作・近作をあわせて30点展観致します。

<朝倉美津子先生 略歴>
1972年 京展にて市長賞を受賞。 
1977~1978年、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。
1990年 京都市芸術新人賞を受賞。全国各地および米国ニューヨーク、ワシントンD.C.ほかの展覧会に出品。

日本橋高島屋 03-3211-4111(代表)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事