logo

まるで映画のような臨場感と迫力のオーダー野球ユニフォーム「TEAM&TEAMS」×「REWARD」コラボオリジナルデザイン3D昇華ユニフォーム発表!

株式会社ツバメヤスポーツ 2016年11月04日 16時26分
From PR TIMES

野球・ソフトボールをもっとカッコよく楽しみたいチームのための「ユニフォームの常識を超える」オーダーメイド3Dユニフォーム

オーダースポーツユニフォーム、オリジナルチームユニフォーム専門店「株式会社ツバメヤスポーツ」(本社:東京都足立区 代表取締役:竹内隆)で展開するストアブランド「TEAM & TEAMS(ティームアンドティームス)」(以下略 TEAMS)は、野球ユニフォーム専門メーカー「株式会社レワード」とのコラボ第三弾として、「ユニフォームの常識を超える臨場感と迫力」を表現した3D野球ユニフォーム 【3DDX昇華ユニフォーム INAZUMA[RAIZINシリーズ]】を2016年11月1日(火)発表しました。





[画像1: リンク ]


第三弾の今回は、今までの野球ユニフォームの常識を覆すような立体感、臨場感、迫力を表現することに挑戦しました。
着て、立っているだけでチーム全体が強く、威圧感をも感じさせるようなユニフォームを目指し、今まで見たことのない、着たことのない、全く新しい野球・ソフトボールユニフォームでチームライフを楽しんでいただけるよう、デザイン・色合い・質感等細部にもこだわりました。
二社の日本のものづくりへの想いが集約した「Made in Japan」のユニフォームとなっております。


■TEAMS 3DDX昇華ユニフォーム INAZUMA【RAIZINシリーズ】 ポイント

【INAZUMA】 ユニフォーム本体は、雲の切れ間から激しく光放つ稲妻の迫力、臨場感を再現。

[画像2: リンク ]


【3DDXマーク・質感】 稲妻が光り放つ空から浮き立ち、錯覚をも起こす、メタル感ある3DDXマークに。
そして、マーク地部分は他とは異なる「質感」を表現。思わず触って確かめたくなる岩肌の様な力強さを感じるマークに。
[画像3: リンク ]


【背中】 3DDX昇華 INAZUMAユニフォームは後姿にもこだわりました。背中から湧き出る迫力を感じるデザインに。

[画像4: リンク ]



機能性にもこだわり、「腕の動きやすさが格段に違う」と大好評の『Yシェイプカット』を採用。
脇の下に縫製を集中させないことにより、腕の動きがよりスムーズになります。
[画像5: リンク ]



■初回9着以上でのオーダー受付(製作)となります。

■本体デザインカラー:レッド、ブラック、ネイビー、シルバー、ゴールドの5色展開
[画像6: リンク ]


■自由に選べるポイント
1.本体カラーは、5色のデザインカラーの中からチームでお好みのカラーを選択。
2.胸マーク書体は、胸マーク書体一覧より選択OK ※袖昇華ワッペン中心部分は胸マーク頭文字が入ります。
3.番号書体は、番号書体一覧より選択OK ※胸番号と背番号の書体は同一書体となります。
4.袖昇華ワッペンの文字部分変更OK
5.袖マーク文字・書体変更OK
6.オプションで、背中個人名追加OK


TEAMS限定デザインの為、TEAMSのみでの製作・オーダー受付となります。
オーダー受付は2016年11月1日(火)より、TEAMSインターネット店「TAP JAPAN(タップジャパン)」ホームページ、または実店舗(本社:東京都足立区)にて受付しております。実店舗にてご相談・打合せも可能(TELまたはメールにて要予約)

3DDX昇華ユニフォーム INAZUMA【RAIZINシリーズ】専用WEBページ
URL :リンク

TEAM&TEAMS 野球・ソフトボールユニフォーム専用WEBページ
URL :リンク

実店舗(本社:東京都足立区)
リンク


--------------------------------
◆株式会社ツバメヤスポーツについて

株式会社ツバメヤスポーツは、1927年(昭和2年)創業の老舗スポーツ店(実店舗:東京都足立区)です。


◆ストアブランド「TEAM & TEAMS(ティームアンドティームス)」(商標登録済)について
URL : リンク
株式会社ツバメヤスポーツが、1993年(平成5年)にスタートした、自分達だけのオリジナルの世界を楽しむオリジナルチームウェア&グッズが創れるストアブランドで、「TEAMS(ティームス)」はその略称です。

お客様(チーム)と想いを共にし、チームの価値を高めるチームウェア&グッズを一緒に楽しく創り上げていく唯一無二のオリジナルチームウェアショップを目指します。
そして、お客様(チーム)が笑顔になり、絆が深まり、感動していただくための挑戦を続けます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事