logo

台東・金樽で「2016台湾オープン・オブ・サーフィン」開催 最高の波を堪能!

Taitung County Government 2016年11月04日 09時20分
From JCN Newswire


TAITUNG, TAIWAN, Nov 4, 2016 - ( JCN Newswire ) - サーフィンの国際大会、「2016台湾オープン・オブ・サーフィン(2016 Taiwan Open of Surfing)」が11月23日から27日まで台東・金樽で開催されます。ワールド・サーフ・リーグ(WSL)が行うワールドツアーの一環で、賞金総額は250万台湾元(約830万円)と台湾のサーフィン史上最高となりました。ロングボード団体戦やショートボード団体戦、ジュニアプロディビジョン、エキシビジョンなども行われます。

大会には、日本代表メンバーとして2020年の東京五輪への出場が期待される大野修聖や女子ロングボードワールドチャンピオンで19歳の若手、レイチェル・ティーリー、2015年の男子ロングボードワールドチャンピオン、トニー・シルバーニ、女子ロングボードワールドチャンピオンのクリスタル・ウォルシュなどトップサーファー達が参加し、よりハイレベルで挑戦的な戦いが繰り広げられることでしょう。

金樽は台湾におけるサーフィンの新たな聖地として知られています。ユニークな地形や良好な水質、理想的な波などにより、北東からの季節風が吹き始めると同時に、アジア最高のサーフスポットに変身します。「台湾オープン・オブ・サーフィン」がWSLのイベントとして開催されて以降、毎年多くのサーフィン愛好家を引き付けています。昨年は、WSLの公式サイトや動画共有サイトの最大手、ユーチューブで実施されたライブ配信を10万人以上が視聴するなど、大きな注目を集めました。

より大勢の人達に大会を観賞して貰うように、会期中の24日~27日、公式Facebookページを通して事前にお申込みをいただければ、金樽レジャーエリアで地元の特産品をお受け取りいただけます。数量限定のため、なくなり次第終了させていただきます。お申し込み期間は11/1~11/20までです。

※お申込み・キャンペーンサイトの詳しい情報は、「2016台湾オープン・オブ・サーフィン」の公式Facebookページをご参照ください。
公式FacebookURL: www.facebook.com/taiwanopenofsurfing
電話: 886-89-346122、886-89-348920
広報担当: 洪※雅
メールアドレス: w3047@taitung.gov.tw

【編注】※は女偏に捷の右側

リンク
図説: 台東・金樽で台湾オープン・オブ・サーフィン開催(11/23~11/27)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事