logo

ランスタッドがMonster Worldwideの買収完了、デジタル人材派遣戦略を加速

ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィー 2016年11月02日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

ランスタッドがMonster Worldwideの買収完了、デジタル人材派遣戦略を加速

AsiaNet 66366(1399)

【ディーメン(オランダ)、ウェストン(米マサチューセッツ州)2016年11月2日PR Newswire=共同通信JBN】人材派遣サービス事業で世界をリードするランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィー(Randstad Holding nv、AMS:RAND)は2日、Monster Worldwide, Inc.(NYSE: MWW)の買収を約4億2900万米ドル(企業価値)で完了したと発表した。仕事と人々の橋渡しをする世界的リーダーのMonsterは、Monsterの企業名で個別に独立した企業として事業を継続する。

買収の結果、Monsterの普通株は、2016年11月1日のニューヨーク証券取引所の開場前に取引が停止され、ニューヨーク証券取引所での上場も廃止された。

▽アドバイザー
ウェルス・ファーゴ証券(Wells Fargo Securities)がランスタッドの金融アドバイザー、ジョーンズ・デイ(Jones Day)が法律顧問を務めた。Evercore Group L.L.C.がMonsterの金融アドバイザー、Dechert LLPが法律顧問を務めた。

▽ランスタッドについて
ランスタッドは柔軟な就労と人材サービスの分野におけるソリューションに特化している。そのサービスは定期的な人材派遣、恒久的な職業紹介から、インハウスサービス、プロフェッショナル、求人・選考、再就職支援、人事ソリューションに及んでいる。ランスタッド・グループ(Randstad Group)は世界をリードする人材サービスプロバイダーであり、アルゼンチン、ベルギー・ルクセンブルク、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、ギリシャ、インド、メキシコ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スイス、英国、米国ではトップ3の地位を占め、オーストラリア、日本でも主要な地位を確保している。2015年時点でランスタッドは世界39カ国の4473の支店およびインハウス・ロケーションに2万9750人を雇用している。2015年の売上高は192億ユーロ。1960年に創設され、オランダのディーメンに本社を置く。ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィーはアムステルダムのユーロネクストに上場し、ランスタッドのストックオプションも取引されている。詳細はウェブサイトwww.randstad.com を参照。

▽Monster Worldwideについて
Monster Worldwide, Inc.(NYSE:MWW)は、どこでも人々と仕事を結び付けるグローバルなリーダー。20年以上にわたり、より良い仕事で人々の生活向上を支援し、雇用主に最高の人材を見つけてきた。今日同社は40カ国以上にサービスを広げ、最も幅広く、洗練された求職、キャリア管理、リクルート・人材管理体制を提供している。Monsterは主力のウェブサイトMonster.com(R)や幅広い製品・サービスを含むインテリジェントなデジタル、ソーシャル、モバイル・ソリューションを用いた先進技術によって、リクルート業界を改革するという先進的な仕事に努めている。詳細はウェブサイトwww.monster.com/about を参照。

ソース:Randstad Holding nv

▽問い合わせ先
For Randstad Investors:
ArunRambocus (Director Investor Relations)
+31-20-569-5940
+31-6206-18370
(Mobile + WhatsApp)
arun.rambocus@randstadholding.com

For Randstad Media:
MachteldMerens (Director Group Communications)
+31-20-569-1732
machteld.merens@randstadholding.com

For Monster Investors:
Bob Jones (Investor Relations)
+1-212-351-7032
bob.jones@monster.com

For Monster Media:
Matt Anchin (SVP Global Communications)
+1-212-351-7528
matt.anchin@monster.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事