logo

ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社(RBI)がCMを制作。

ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社 2016年11月02日 00時00分
From PR TIMES

「輝く。未来が始まる。」フルバージョンを公開致します。

ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社(RBI)は、研究現場の研究者が最大限に創造性を発揮するための新しいパートナー・LabDroid を提供し、人間の創造性を真に追及できる研究環境を実現します。



[画像1: リンク ]


輝く。未来が始まる。(Vimeo)
リンク

輝く。未来が始まる。(Youtube)
リンク

公式WEBサイト
リンク

ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社(RBI)は、研究現場の研究者が最大限に創造性を発揮するための新しいパートナー・LabDroid を提供し、人間の創造性を真に追及できる研究環境を実現します。


「ライフサイエンスを加速する -創薬のコストを1/10に- 」をスローガンに掲げ、研究者が汎用ヒト型ロボットLabDroidと協働して研究することで、研究の生産性向上と高度化を目指しています。

[画像2: リンク ]


少子高齢化・労働人口減少の日本が、科学技術力をさらに発展させるために、研究者の生産性向上は必須です。LabDroidは今まで個人の能力に頼っていた実験を高いレベルで汎用化することが可能な画期的な汎用ヒト型ロボットです。人間には到底再現出来ない複雑で高度な技術が要求される作業をLabDroidに任せ、人間は評価・解析・プランニングに専念することにより、個人研究生産性を爆発的に上昇させることができます。

[画像3: リンク ]


現場の研究者は、必ずしも実験のために研究室に行く必要もなくなるため、ラボレス・リモート研究の一般化も促進します。LabDroidに実験を任せて空いた時間は、研究構想などの創造的作業はもちろん、趣味の時間や家族と過ごす楽しい時間にもあてられます。

[画像4: リンク ]


LabDroidはすべての研究者の夢を実現するための最適な環境・選択肢であると考えています。

今回のCMでは、私たちが考える「研究者の未来」を描いた映像を制作しました。長い創薬研究の中で、すべての研究者が自分の暮らしを確立しながら研究に携わる世界を描いています。

次世代を担う研究者たちに向けたメッセージをぜひご覧ください。
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。