logo

ストックフォト「PIXTA」とマイクロソフト パワーポイントが連携!パワポ上で1,500万点超の画像素材を検索・購入・利用

ピクスタ 2016年11月02日 08時50分
From PR TIMES

企画書、プレゼン資料の画期的なビジュアル化をサポートする新サービス

写真・イラスト・動画素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( リンク )を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416)は、Microsoft Officeが提供するプレゼンテーション用アプリケーション「 PowerPoint(パワーポイント)」(※)の全ユーザー向けに、PIXTAで販売する画像素材のうち1500万点超をPowerPoint上で自由に検索・購入・活用できるアドイン(拡張機能)「PIXTA for Office」を提供いたします。「PIXTA for Office」の提供開始は2017年1月を予定しています。
※アドインの利用は「PowerPoint 2016」以降に対応しています。



[画像1: リンク ]


■PowerPoint アドイン(拡張機能)「PIXTA for Office」の概要

PIXTA for Officeは、1,500万点以上の写真・イラストの画像素材をPowerPoint上で使用できるPowerPointの拡張機能です。

PowerPoint上でイメージ画像を挿入したい時に、アドイン(拡張機能)としてOfficeストアより「PIXTA」を選択・ダウンロード(無料)することによって、使用可能になります。
ダウンロードすると、PIXTAで現在販売中の2,000万点以上のデジタル素材のうち、1,500万点超の写真・イラスト素材を、PowerPoint上で検索・購入・活用できます。

PowerPointで制作中は、テストデータ(カンプデータ)として透かし(ウォーターマーク)の入った画像素材を無料で挿入可能。画像をはめ込み、使用が確定してから透かしのない本番データを購入することで正規利用が可能になります。
挿入した画像は拡大・縮小・切り取り(トリミング)など、PowerPointの機能を使って加工も可能。
思い通りにビジュアライズされたプレゼンテーションを作成できます。

[画像2: リンク ]


◆アドイン名称  
 PIXTA for Office

◆対象アプリケーション  
 Microsoft PowerPoint(R) (*Office 2016以降)

◆提供素材  
 PIXTAで販売中の写真・イラスト素材1,500万点超(順次増加予定)

◆アドインダウンロード価格  
 無料

◆画像素材利用料  
【毎日25ダウンロードプラン(1年更新)】 29,700円 (税込)/月
【毎日25ダウンロードプラン(30日更新)】 37,800円 (税込)/月
【30日間250ダウンロードプラン(30日更新)】 58,320円 (税込)/月
※画像購入には、PIXTAの会員登録(無料)、及び、上記いずれかの定額プランの登録が必要です。

◆提供開始日  
 2017年1月(予定)


■PIXTA for Office 提供背景

近年、プレゼンテーションは文字表現からビジュアル表現が重視され、トレンドは「読む」から「見る」へと移り、より印象的なプレゼンテーションが求められるようになってきました。また、近年コンプライアンス意識の高まりを背景に、多くの企業が日々使用する画像素材の著作権や肖像権について今まで以上に意識を向けるようになり、「より安心して使える画像素材」のニーズが高まっています。
これまで、PowerPointは「クリップアート」としていくつかの画像素材を無料で提供していましたが、2014年12月にクリップアートの提供が終了し、Bing イメージ(Web 上の無数のクリエイティブ コモンズ ライセンスの画像にアクセスできる機能)や海外ストックフォト事業社からの拡張機能の提供によって利用者の拡大する多種多様な需要に応えることにしました。一方で、日本の人・文化・風景・嗜好にマッチした画像素材は不足がちで、国内のPowerPointユーザーの需要に完全には応えきれていませんでした。
そこで、今回、日本素材に強みを持つピクスタが日本のストックフォト事業社として初めて拡張機能を提供することになりました。

日本の企業やユーザーが必要としていた、日本の人・文化・風景・嗜好とマッチした画像素材をPowerPoint上でいつでもどこでもシームレスに活用できるようになることで、利用者の生産性の向上と、訴求力の高いプレゼンテーションの実現をサポートします。

[画像3: リンク ]


PIXTA for Office 今後の展開

2017年1月に開始を予定している拡張機能では、主にMicrosoft Office 2016を導入している法人を対象にしており、サービス開始時の画像素材使用料は、30日、または1年契約の定額プランで提供いたします。PIXTAではこれ機に、定額プラン導入企業の拡大を目指し、ビジュアル活用文化の拡大につなげたい考えです。
また、将来的には、画像を1点1点購入できる単品プランでの提供も予定。最新の画像素材の追加や検索性・利便性の向上など、順次ユーザーの利用状況に合わせてバージョンアップを図っていく方針です。


■日本マイクロソフト株式会社様より推薦コメント
ピクスタ株式会社様が、運営されるマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」と、弊社のOffice アプリケーションの1つであるPowerPoint を連携するアドインを開発頂きまして、心より御礼申し上げます。
高品質、低価格なデジタル素材を2,000万点以上提供されているマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」と、プレゼンテーションツールPowerPoint がアドインによりシームレスに繋がることで、ご利用者の生産性が高まり、「いつでもどこでも成果を残す革新的な働き方(モダンワークスタイル)」をより容易に実現できると信じております。
弊社は今後もピクスタ株式会社と協業し、生産性を改善する革新的なサービスを提供してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 Office マーケティング 本部長
越川 慎司


■ピクスタについて

「個人が生み出すオンリーワン」を支援したいという想いから、2005年8月に創業。誰もが参加できるフラットな投稿スタイルで、高品質・低価格な写真・イラスト・動画のストック素材をインターネット上で売買できるデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」(ピクスタ)を2006年5月に開設しました。
販売価格は写真・イラストは1点540円~、動画は1点2,160円~のサイズ毎の一律価格で提供。
現在、日本国内最大のマイクロストックフォトサイト(低価格ストックフォトサイト)に成長し、「インターネットでフラットな世界をつくる」を理念に掲げ、2013年にシンガポールに子会社を設立し、アジア展開にも注力。2014年には定額制サービスを開始、2015年には東証マザーズに上場し、アジアNo.1のクリエイティブ・プラットフォームを目指しています。


◎ストックフォトとは
頻繁に使用されるシチュエーションであらかじめ撮影・制作された写真やイラスト、動画などのビジュアル素材のこと。撮りおろし・描きおろしに比べコストが低く、必要なときにすぐ使えるという利点から、広告や出版物、テレビ番組など、さまざまな用途に使用されています。

[画像4: リンク ]


■PIXTA
(日本語版)    リンク 
(英語版)     リンク
(中国語簡体字版) リンク
(中国語繁体字版) リンク
(タイ語版)    リンク
*決済対応通貨:日本円、USドル、台湾ドル、タイバーツ、香港ドル、シンガポールドル

■会社概要
社名: ピクスタ株式会社 (東証マザーズ:3416)
設立: 2005年8月25日
資本金:309,487千円(2016年6月末時点)
代表取締役社長: 古俣 大介
住所: 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル9F
TEL: 03-5774-2692
FAX: 03-5774-2695
URL: リンク
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
     出張撮影マッチングサービス「fotowa」の運営

支店: 日商匹克斯塔圖庫股份有限公司台湾分公司(英文名:PIXTA INC. TAIWAN BRANCH)
子会社: PIXTA ASIA PTE. LTD.
     PIXTA VIETNAM CO., LTD.
     スナップマート株式会社

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事