logo

建築コンペが成功裏に終了、中国呉江の「チーパオタウン」開発

チーパオタウン国際建築設計コンペ組織委員会 2016年11月01日 17時43分
From 共同通信PRワイヤー

建築コンペが成功裏に終了、中国呉江の「チーパオタウン」開発

AsiaNet 66369(1404)

【蘇州(中国)2016年10月31日新華社=共同通信JBN】
*「中国呉江-チーパオ(チャイナドレス)タウン国際建築設計コンペ」が成功裡に閉幕

専門家による「China Wuijiang Qipao Town(中国呉江-チーパオタウン)International Architecture Design Competition(国際建築設計コンペ)」審査会議が10月29日に行われた。教授職の上級建築氏である中国一級建築士で国務院の特別補助金を受給する専門家である議長のチャン・ジョウ氏のほか、専門審査委員会は大学、機関、および建築界を代表するトップ建築士など9人の専門家から構成されていた。審査委員会は作品の外観の優雅さや内面がこの小都市の建築イメージや特色、および文化的な意味や人間的な精神の発露、継承をどの程度反映しているかなどを基準にして内外からの99応募作品の最終審査を行った。最終的に、タン・ウェイハオ氏のチームの作品が同コンペの1等賞を獲得した。

「中国呉江-チーパオタウン国際建築設計コンペ」は蘇州呉江区人民政府が主催し、Wujiang Taihu New City Urban Administration Committee、Wujiang East Taihu Ecological Tourism & Resort Zoneが後援、Builtop Group Co., Ltd.および Time+Architecture Journalが運営に当たった。新華通信社江蘇ニュースセンターも同コンペに大きな支援を行った。

このコンペは「伝統文化+職人気質」をテーマに、チーパオタウンの核心建築物を対象にしたもので、内外の代表的な建築家に招待状が送付された。優先事項として提案されたのは「5大核心ギャラリー」の計画および建設で、それにはチーパオ・ミュージアム、チーパオ研究所、チーパオ・テーマホテル、チーパオ女子大学、チーパオ屋外ショー会場が含まれている。

このコンペの目的は優れた建築デザインの利用によって歴史・文化遺産を継承するとともに、都市の公共スペースを活性化させ、さらにクラウド・ソーシングと革新および文化的創造性を通じた高品質の文化的成果と革新的デザインでこの小都市の都市開発を導き、最終的にチーパオタウンのユニークな文化特性を創造することにある。

8月5日の発表以来、このコンペは政府民間および業界から大きな注目を浴びたと伝えられる。今回コンペに参加した作品には「3高」傾向が見られた。すなわち、高品質な作品、海外参加者の高い割合、および教育界および業界での高いステータスである。10月8日の締め切りまでに、組織委員会には総計99応募作品が寄せられた。提出作品のなかで、国内からの提出はほとんど北京、上海、江蘇省、広東省からのものであり、海外参加者のほとんどは米国、ドイツ、日本からで、海外参加者は全参加者の9.09%を占めた。全参加者中、49.5%以上が修士以上の学位を持っていた。

この国際建築設計コンペはすべての関係者の努力により成功裏に終了した。呉江は小さなチーパオタウンだが、夢は大きい。今後とも高い水準と高い地位を維持することにこだわり、プロジェクト建設および産業投資の完璧を期していく考えだ。その間、呉江はさらに遺産と革新の両方にこだわり、文化の創造、特に女子大学という高いポジションの担い手を利用したブランド作りに重要性を置いて呉江を豊かな中身を持ち、道徳性が高く、人間的な情緒をもったチーパオタウンとしての街作りを進めていく。

ソース:The Organizing Committee of Qipao Town International Architecture Design Competition

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。