logo

GE製UPSの取扱い代理店契約を締結

GE Japan 2016年11月01日 15時00分
From PR TIMES

株式会社NTTファシリティーズ
/GEジャパン株式会社



[画像: リンク ]

株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一法師 淳 以下、NTTファシリティーズ)とゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インク(本店:米国デラウェア州、日本における代表者:熊谷昭彦 以下、GE)は、10月7日(金)に無停電電源装置(以下、UPS※1)に関する取扱い代理店契約を締結しました。国内外で培ったNTTファシリティーズの構築・保守技術と世界的に導入が進んでいるGEのUPSを組合わせ、データセンターやICT機器等に求められる高信頼な電源設備の構築や保守に対応します。

1.背景と目的
近年、クラウド技術の進展やIoTの普及でインダストリアル・インターネット※2が広がり、ビッグデータを活用したサービスが世界的に拡大しています。データセンターはサービス提供において中核的な役割を担っており、データセンター内のICT機器、空調、セキュリティーシステム等は自然災害などに起因するわずかな電源トラブルも許容されず、高信頼な電源供給が必要です。
今回の代理店契約締結で、NTTファシリティーズが従来取り扱うラインナップにGE製UPSを追加し、両社にて国内への導入を促進していきます。これにより、GE製UPSの構築から保守までワンストップで提供出来る体制が整います。

2.今後の展開
NTTファシリティーズの有する高信頼な電源システムの構築・保守ノウハウと、世界有数のシェアを有するGEのグローバルプロダクト及びオペレーションノウハウを活かした事業を展開し、データセンターやICT機器等高信頼電源システムに求められる多様なニーズに対応します。
今後、両社は安定した電源を提供することで、インダストリアル・インターネット技術等を支える「スマートな社会」、自然災害などに起因する電源トラブル等のリスクに対応できる「安心で安全な社会」の実現に貢献していきます。
また、NTTファシリティーズはGE製UPSの販売を通じて、2020年度までに累計受注額50億円を目指します。

用語説明
※1 UPS
Uninterruptible Power Supplyの略。機器やデータを保護する緊急用バックアップの電源を提供する装置の1つ。計画外など予期しない停電発生時にUPSは一定期間、電源が提供できるようにする役割があり、電気信号の急激な上昇や下落を変調することにより、重要機器への不規則な通電から保護する役目も担います。

※2 インダストリアル・インターネット
GEは、産業機器の生産性を高め、より速く、安全で、しかも予期せぬ故障をゼロにすることで信頼性向上をはかることを目的として、産業機器とデータ、人々をコネクトし、ソフトウェアを活用したアナリティクスによるアセットやオペレーションの最適化を図る取り組みを「インダストリアル・インターネット」と呼んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事