logo

大成建設、2万ユーザーで利用するOffice 365のメール誤送信対策に「SPC Mailエスティー」を導入

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、大成建設株式会社(以下、大成建設)が、大成建設グループ全体2万ユーザーで利用するメール誤送信対策に、ソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」を導入したことを発表します。

現在、世界的なスポーツイベントの国内開催や首都圏での大規模な施設などの建設ラッシュにより、国内の建設業界は人手不足の傾向にある一方で、2020年以降はその反動が来ると言われており、大成建設グループとしては筋肉質な体制を維持したまま生産性を向上させるためのICT環境の整備を進めていました。

大成建設グループでは、このICT環境の基盤として、2万ユーザーの大規模な環境でもスムーズに運用でき、オフィスやデバイスに縛られずに効率的な業務環境を実現するために、コミュニケーションインフラをOffice 365に刷新し、メール誤送信対策の導入も検討することになりました。

メール誤送信対策導入に際し、以下のポイントが評価され、「SPC Mailエスティー」が選定されました。

・大規模なOffice 365導入企業での実績が豊富で、信頼性も高い。
・クラウドサービスとして利用できる(オールクラウドによる提案)。
・マルチドメインに対応している。
・複雑な導入設定が不要で、運用の負荷も軽い。
・アカウント登録や削除を自動で更新する仕組みを構築できる(アカウント連携オプション)。
・ソースポッドのサポートおよび協力体制がしっかりしている。

「SPC Mailエスティー」導入後は、「メール一時保留機能」を利用して、社外に送信されるメールを自動的に5分間保留し、必要時にメールを取り消すことができるようにしています。以前はメール送信状況を把握できませんでしたが、1日あたり平均100件以上のメール送信が取り消されていることと、その状況を把握できるようになったことにより、導入の成果が上がっています。

ソースポッドでは、Office 365環境だけでなく、数万ユーザー規模の大規模環境においても、高機能のメール誤送信対策を「手軽に・すぐに・リーズナブルに」提供することで、企業や法人のメールによる情報漏えいの削減・メールコンプライアンスの強化を支援してまいります。

■大成建設導入事例掲載ページ
リンク

■「SPC Mailエスティー」について
クラウドメール誤送信・情報漏えい対策「SPC Mailエスティー」の詳細については、下記を参照ください。
リンク

■大成建設株式会社について
140年を超える長い歴史の中で土木・建築を核とする事業を中心に、時代を切り開く「地図に残る仕事。」を数多く手がけてきた総合建設業です。単なる構造物の建設だけではなく、人と自然との共生や、地震をはじめとした自然災害への対策など、建設業に求められる役割が複雑化・多様化する中、「人がいきいきとする環境を創造する」というグループ理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献しています。
リンク

■株式会社ソースポッドについて
ソースポッドは、メールシステムに特化したプロフェッショナル集団です。「お客様のご要件を100%+α満たす」メールシステムを追求し、主にクラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションなどの事業を展開しています。
リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ソースポッド
営業部
担当:高橋/水野
TEL :03-5213-4842

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事