logo

コラム「SalesforceとSAP ERPのリアルタイム連携を5日間で実現❢」

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区 以下マジックソフトウェア)は、坂井康弘の人気コラムの最新版「SalesforceとSAP ERPのリアルタイム連携を5日間で実現❢」を公開しました。

###
こんにちわ。マジックソフトウェア・ジャパンの坂井です。最近、CRMという言葉を良く耳にする様になってませんか? IDC Japanが7月発表した国内CRM市場予測でも、「成長率は低下してもCRM市場は上昇傾向」や国内企業様のIT投資内容でも「セキュリティー対策費」に次いで2番目の投資が「営業系システム」出ることが発表されました。


社会動向を見ていると、国内の企業様は「顧客満足度向上」「確実な商談案件確保」や外回りの多い営業員との「商談コミュニケーション確保」と「商談拡大」のために営業システムへの投資が進みそうな環境となってきたと思われます。
そこで、今回は、2016年9月27日にプレス発表されました、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」Speed Start Packの紹介をさせて頂きます。この商品は、CRMとして世界一のシェアーを誇るSalesforceと同じく世界一のERPパッケージシェアーを持つSAP ERPとの営業情報リアルタイム連携を5日間で実現する事が可能なMagic xpiのテンプレート商品です。
話に入る前にマジックソフトウェアでは、SalsefoceだけでなくDynamics CRMでも同じSpeed Start Packの用意を進めております。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。