logo

リオ・ティントと周大福が2017年JNA賞のお墨付きを与える

JNA 2016年10月31日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

リオ・ティントと周大福が2017年JNA賞のお墨付きを与える

AsiaNet 66309(1377)

【香港2016年10月31日PR Newswire=共同通信JBN】リオ・ティント・ダイヤモンド(Rio Tinto Diamonds)と周大福ジュエリーグループ(Chow Tai Fook Jewellery Group)は、6年連続してジュエリーおよび宝石業界で最も期待されているイベントのHeadline Partnerとなり、今後もJNA賞をリードしていく。パートナー更改調印式は9月14日の同賞ガラディナーで行われ、香港の500人以上の著名な業界関係者が出席した。

マルチメディア・リリース全文はウェブサイトリンク を参照。

また、上海ダイヤモンド取引所(SDE)、Guangdong Gems & Jade Exchange、Guangdong Land Holdings Limited(GDLand)がHonored Partnerとして復帰した。JNA賞はアイデアと行動が事業とコミュニティーに肯定的な影響を与えた優れたリーダーシップとイノベーションを実証した企業および個人を評価し、表彰する。

UBM Asiaのウォルフラム・ディーナー上級副社長は「これらの業界リーダーがわれわれに示したサポートは目を見張るものがある。業界リーダーの明確なコミットメントとサポートによって、われわれは今後もジュエリー取引を繁栄させていくとともに、このイベントを今日の地位に至らしめた」と語った。

JNAの創始者で、UBMアジアのジュエリー・ビジネス開発ディレクターでもあるレティシア・チョウ審査委員長は「ビジョンと基本的価値観を共有するパートナーと緊密に協力し、このイベントをジュエリー取引にとって高く評価され有意義なものにする役に立つことができ、極めて光栄に思っている。HeadlineおよびHonored Partnerの双方、とりわけ当初からこのイベントに参加してくれたリオ・ティント・ダイヤモンド、周大福ジュエリーグループ、上海ダイヤモンド取引所から継続的な支援があることは極めて心強いことである」と語った。

リオ・ティント・ダイヤモンド大中国圏代表事務所ディレクターのリタ・マルテス氏は「リオ・ティントはHeadline Partnerの共同創設者になり、この賞をサポートしてきたことを極めて誇りに思っている。われわれはこの5年間でJNA賞が宝石およびジュエリー業界に価値をもたらす重要なプラットフォームに発展したことをうれしく思う。われわれはJNA賞との提携を継続し、われわれの業界を成長させるために一緒に投資していくつもりである」と語った。

周大福ジュエリーグループのケント・ウォン・マネジングディレクターは「毎年開催されるJNA賞はイノベーションとベストプラクティスを促進し、急変する環境の中で業界を前進させている。周大福は6年連続して極めて評価の高いこのイベントの献身的なHeadline Partnerになれたことをうれしく思う。われわれは今後も仲間のパートナーと協力してジュエリー業界の持続的発展を促進していく」と語った。

SDEのリン・チエン社長兼マネジングディレクターは「SDEは2012年のJNA賞創設以来、パートナーになってきたことを極めて誇りに思う。われわれはこの賞を通じて、ジュエリー業界が最善の商習慣を採用して極めて競争的な環境で卓越し、業界の他社が継承する手本を示してきた業界仲間を見つけることができると考えている」と語った。

GDLandのリー・ヤンガン執行副社長は「GDLandは4年連続してJNA賞のHonored Partnerになれたことを誇りに思う。われわれはジュエリー業界の成長を促進するために同賞と他のパートナーとの協力を深めるよう努力する」と語った。

Guangdong Gems & Jade Exchangeのジム・リー・ゼネラルマネジャーは「JNA賞の他のパートナーと協力できることを大変うれしく思う。われわれは協力してジュエリー業界が繁栄する未来の創造を目指している」と語った。

2016年JNA賞式典とガラディナーは9月14日、11部門で15の受賞者を表彰して閉幕した。受賞者の全リストはウェブサイト(リンク )を参照。

▽問い合わせ先
JNA Awards Marketing
UBM Asia (Hong Kong)
+852 2516-2184
marketing@jnaawards.com

Video - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク
Logo - リンク
Logo - リンク

ソース:JNA

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。